1. トップページ >
  2. 園の沿革

園の沿革

1905(明治38)年創立者井上円了は、人格形成の基礎作りとして幼稚園教育の必要性を重視し、文京区本駒込の現在地に京北幼稚園を創設、自ら園長として幼児教育にあたった。
1956(昭和31)年竣工した園舎は、採光・色彩・衛生・避難設備など幼児教育にふさわしい配慮がなされていた。
1969(昭和44)年斬新なデザインの7角形、鉄筋コンクリート中2階建ての図書館が完成した。
1986(昭和61)年学園の諸施設を効果的に活用することをはかり、昭和63年から学園の温水プールを使用して、水泳指導を実施した。
1988(昭和63)年園舎の老朽化が進み、学園の創立90周年記念事業の一環として、新園舎の建築が決定し、完成した。
2005(平成17)年京北幼稚園創立100周年記念式典が盛大に挙行された。
2011(平成23)年学校法人東洋大学と学校法人京北学園が合併して学校法人東洋大学の設置校となる。

明治38年創立の頃、井上円了と園児たち
明治38年創立の頃、井上円了と園児たち

平成17年9月に100周年式典
平成17年9月に100周年式典