MENU CLOSE

学部代表者メッセージ

  • English
  • 日本語

国際観光学部長 飯嶋 好彦

学部長予定者 東洋大学は、1963(昭和38)年に短期大学観光学科を開学し、以来半世紀を超える歴史をもつ観光学研究・教育機関の先駆者です。そして、この立場に則り、観光の活性化と創造に寄与し続けることで、学生教育及び、学術研究面から国策でもある「観光立国」を主導したいと考えています。

 そして、観光に関連する新しい学問分野を積極的に開拓しながら、観光産業と観光行政機関などと密接に連携することで、産業界などの教育ニーズに合致した時代の最先端をゆく実践的な授業を展開します。

 一方、近年、日本を訪れる外国人観光客が急増しています。この来訪観光者のニーズに対応するために、日本の文化、歴史、産業や地域社会などへの深い理解を抱きながら、グローバルな視点から日本の地域社会、文化、産業又は製品やサービスをマーケティングでき、マネジメントできるアントルプルヌアー精神に富む人材を養成したいと考えています。さらに、円滑な観光交流を推進するために、論理的な思考ができ、コミュニケーション能力が高く、国際的な視野から観光を捉えられる人材を養成します。

 加えて、急速に進展している日本のサービス企業の海外進出を支えるために、環境が異なるなかで文化や生活習慣、考え方などが異なる人びととの関係性をマネジメントしながらともに働き、主体的かつ積極的に行動でき、かつ失敗を恐れない人材を養成したいと考えています。