1. トップページ
  2. 井上円了哲学塾
  3. 井上円了哲学塾 第2期 修了式を挙行しました
MENU CLOSE

井上円了哲学塾 第2期 修了式を挙行しました

  • English
  • 日本語

東洋大学井上円了哲学塾 第2期 修了式

2015(平成27)年1月24日(土)午後6時より、白山キャンパス125記念ホールで東洋大学井上円了哲学塾 第2期の修了式を挙行しました。式は本塾のプログラム運営の担当者である山口しのぶ文学部教授の司会により進行。北脇副学長による開式の辞に続き、竹村牧男学長から修了証の授与が行われました。

また、第2期生として修了を迎えた塾生33名に向けた告辞が行われ、「地球社会がグローバル化、ボーダレス化していけば行くほど、自国の文化と伝統の意義を深く理解し、発信していく能力が重要になります。皆さんは本塾において、正にこの課題に取り組み、研鑽を積まれてきました。この塾で学んだことを生かして、日本的価値観に基づくグローバルスタンダードの構築について、引き続き追及してもらえればと思います。また、修了生として今後もこの井上円了哲学塾に関わり、支援してください。」とはなむけの言葉が送られました。

円了塾証書授与理事長祝辞

<写真左上: 修了証授与の模様、写真右上:福川伸次理事長による祝辞>

続いて福川伸次理事長より「時代はグローバル化の一途をたどり、今まさに大きな転換期にあると考えています。井上円了哲学塾にて研鑽を積まれた皆さんが、この転換期にある時代の中で革新、イノベーションを起こし、新しい日本社会の発展に向けて貢献されることを期待しています。」と祝辞を述べました。

この後、宇野浩太朗さん(本学経営学部マーケティング学科1年)による修了生代表謝辞と北脇副学長による閉会の辞が行われました。この日、修了を迎えたのは33名。式には、学内関係者等を含む約50名が参加しました。

また、続いて8号館1階のTRES DININGにて1期生も交えた懇親会が行われ、様々なバックグラウンドを持つ修了生、講師の先生方が友好を深め合いました。

修了生代表謝辞記念撮影

<写真左上: 宇野さんによる修了生代表謝辞、写真右上: 記念撮影の模様>

井上円了哲学塾 特設サイトはこちら