1. トップページ
  2. 井上円了哲学塾
  3. <平成26年度>井上円了哲学塾 公開講座 第2回が開催されました
MENU CLOSE

<平成26年度>井上円了哲学塾 公開講座 第2回が開催されました

  • English
  • 日本語

E2「国際社会における日本のプレゼンス」

2014(平成26)年11月15日(土)16時20分より白山キャンパスの井上円了ホールにおいて、井上円了哲学塾のリーダー哲学講義の公開講座第2回が開催されました。

公益財団法人フォーリン・プレスセンター理事長の赤阪清隆氏を講師に迎え、テーマは「国際社会における日本のプレゼンス」。

講演は井上円了哲学塾の塾生と総合科目履修学生と公開講座申込者を合わせて約150名が聴講しました。

 1

赤阪先生はエボラ出血熱や中東和平、東アジアの緊張、気候変動問題等の山積するグローバルな問題を提起され、続けてエネルギー危機、人口衰弱等の日本が抱える危機、そして国連分担率、海外への留学生数および日本関連報道の減少等の世界における日本のプレゼンスの減少について言及されました。また、このような中で東洋大学が採択されている「スーパーグローバル大学創成支援」など、グローバル人材育成の重要性を説かれ、世界で活躍できるグローバル人材への第一歩として、「世界の動きへの関心」「戦略」「ネットワーク」「コミュニケーション能力」、特に『自分は一生をかけて何を達成するか』といった「使命感」が大切であると話されました。

1  1

終わりに、創立者井上円了の言葉を引用し、人材教育の重要さについても強調されました。

赤阪先生ご自身の経験も交えながらご講演して頂き、大変貴重な講座でした。