1. トップページ
  2. 井上円了哲学塾
  3. 井上円了哲学塾 第1期 修了式を挙行
MENU CLOSE

井上円了哲学塾 第1期 修了式を挙行

  • English
  • 日本語

井上円了哲学塾 第1期 修了式

2014(平成26)年1月25日(土)午後6時より、白山キャンパス125記念ホールで東洋大学井上円了哲学塾修了式を挙行しました。式は本塾のプログラム運営の担当者である山口しのぶ文学部教授の司会により進行。北脇副学長による開式の辞に続き、竹村牧男学長から修了証が授与された後、記念すべき第1期生として修了を迎えた42名の塾生に告辞が述べられました。

あ    あ

「この塾を出て、すぐにリーダーとなることはむずかしいと思いますが、4ヶ月の研鑽の末、この塾で学んだことを生かして、日本的価値観に基づくグローバルスタンダードの構築について、追及していってください。また、今後もこの哲学塾にかかわり、支援してください。」とはなむけの言葉が送られました。

続いて福川伸次理事長が「これからの時代は二番手発想を脱却し、自己決定力を呼び戻すことが一番大事なことです。井上円了の深遠なる哲学を学んだみなさんが、社会に貢献されることを期待しています。」と祝辞を述べました。

この後、修了生代表謝辞を伊藤頼人さん(本学大学院文学研究科インド哲学仏教学専攻博士前期2年)が行い、閉会の辞で式を終了した。

この日、修了を迎えたのは42名。式には、学内関係者等を含む約70名が参加した。

井上円了哲学塾はこちら

あ