1. トップページ
  2. 井上円了哲学塾
  3. 井上円了哲学塾 公開講座 第5回が開催されました
MENU CLOSE

井上円了哲学塾 公開講座 第5回が開催されました

  • English
  • 日本語

E5「誇りをもって生きる」

2013(平成25年)12月7日(土)16時20分より、白山キャンパス井上円了ホールにおいて、井上円了哲学塾リーダー哲学講義第5回が開催されました。

 あ   

 講師は建築家の安藤忠雄氏で、「誇りをもって生きる」というテーマで御講演いただきました。塾生・学生、および一般の公開講座申込者で聴講者数は約320名でした。

あ   あ

 安藤氏は「中学2年生のころから建築家を志した」と、自身と自身の仕事との関わりを語られ、「東大寺南大門を見て感動したことが自分の原点である」と振り返られました。また「人生をどう生きるかを考える」ということは、「自分の職業の中でどう生きるかを考えること」と述べられ、安藤氏が設計された数々の建築物について映像を用いながら説明されました。その中で「高い技術を持つ日本の技術者と仕事をすることが私の誇りです」という印象的な言葉で自らの誇りについて話されていました。

 講演の中では、未来を担う現代の子供たちへの教育や親子の関係にも触れ、「子供の時に子供らしくすることが大事であり、自分の人生を作りだす野性が必要である」と述べられました。さらに現在安藤氏が携わっている震災復興プロジェクトや、瀬戸内海の植林プロジェクトなどについてもお話しされました。安藤氏の建築家としての仕事のみならず、広い視野からのさまざま活動についてお話しいただくことで、仕事とは何か、誇りを持つとはどのようなことかを、私たちが改めて考えさせられる講演でした。