1. トップページ >
  2. 研究活動・社会貢献 >
  3. 現代学生百人一首 >
  4. 第28回「現代学生百人一首」入選作品

第28回「現代学生百人一首」入選作品

第28回「現代学生百人一首」入選作品100首および小学生の部10首発表

入選おめでとうございます!!

第28回現代学生百人一首応募総数54,850首の中から選ばれた入選作品をここに発表します。たくさんのご応募ありがとうございました。
なお、学校全体で「現代学生百人一首」に取り組まれ、多数の優れた応募作品がある学校に贈呈します「学校特別賞」は下記の5校に決定いたしました。

  • 秋田県  秋田県立秋田西高等学校
  • 千葉県  昭和学院秀英中学校
  • 神奈川県 捜真女学校中学部
  • 新潟県  東京学館新潟高等学校 
  • 広島県  広島市医師会看護専門学校

「現代学生百人一首」へのご感想等は、東洋大学広報課 mlkoho@toyo.jpまでお寄せください。
過去の「現代学生百人一首」入選作品については過去の入選作品をご覧ください。

第28回 「現代学生百人一首」の特徴

今年も、若者たちが自分の身近な生活を見つめ、そこから湧き出る想いを読み込んだ部活や勉強、将来の進路に関する歌のほか、自分を取り巻く家族や友人への、普段なかなか口に出せない感謝の想いを込めた作品が数多く集まりました。また、ノーベル物理学賞受賞をはじめとした世界における日本人の活躍を喜ぶ作品のほか、全国を襲った大規模な天災について詠んだ作品など、2014年の世相を表した作品も見受けられました。

メディアから生まれた流行語

「ダメよ~ダメダメ」「ありのままで」「壁ドン」などメディアから生まれた流行語を取り入れた作品が数多く寄せられ、マスメディアの影響力の強さが伺えました。

スマホ、アプリ、SNS

昨年に引き続きスマートフォン、アプリ、SNSについて詠った作品が数多く寄せられました。SNSによる既読機能が友人関係にもたらす影響やその不安を詠った作品がある一方で、遠方にいる家族や友人と連絡がとれるありがたみを表現した作品も見受けられました。

時事・社会問題

消費税増税や集団的自衛権を巡る議論、STAP細胞問題などに対して学生ならではの視点でどのように捉えられているか読み取れる結果となりました。

世界で活躍する日本人

3名のノーベル物理学賞受賞者やテニスの錦織圭選手など、世界における日本人の活躍を喜ぶ作品が数多く寄せられました。

天災・流行病

御嶽山の噴火や広島の土砂災害、巨大台風の直撃など大規模な天災に見舞われた2014年。被害への悲しみや恐れ、復興への希望などの心情が学生の目線で数多くの作品に反映されていました。また、エボラ出血熱やデング熱などの流行に関する作品も寄せられました。

震災・原発・復興

東日本大震災を経験した福島県・宮城県・岩手県などの東北地方からは、未だ終わることのない震災への恐怖について詠った作品や、復興への希望を表した作品が数多く寄せられました。


 

入選作品(作品は都道府県別に北から並んでいます)

一般の部

手の中の志望理由書見つめたらモノクロ世界色付き始め

岩手県 岩手県立沼宮内高等学校 3年
福島 恵梨

あの日から土だけになった街跡を見ていて思う「震災終わらぬ」

岩手県 専修大学北上高等学校 1年
五十嵐 遼太

「気にくわない」ネットに書き込むずいぶんとケンカが下手になったものです

秋田県 秋田県立秋田西高等学校 2年
西村 千咲

「正義って何だろうね」とつぶやいて歴史の教科書めくってる君

秋田県 秋田県立秋田西高等学校 3年
加藤 菜々

手のひらの中の小さな画面よりこっち見てよと言えぬ私は

山形県 山形県立長井高等学校 2年
佐藤 萌

木を削る音が身体にしみついて頑固な祖父は今日も働く

山形県 山形県立鶴岡中央高等学校 3年
鈴木 陽

新盆の客足絶えぬじいちゃんの歩んだ道の尊さを知る

福島県 福島県立磐城桜が丘高等学校 2年
佐藤 奈菜

苦しいなどこまで上がるか消費税不安が増える一人の暮らし

福島県 福島県立平工業高等学校 3年
後藤 禎貴

台風が落としていった宝物水の鏡が満月映し

茨城県 東洋大学附属牛久高等学校 2年
冨澤 菜央

右向け右いつか習ったこの言葉それが僕等の特性なのか

茨城県 東洋大学附属牛久高等学校 3年
仙田 陸海

南国の真紅に染まる扶桑花瞳にうつる悲劇の記憶

茨城県 東洋大学附属牛久高等学校 3年
中津 耀都

手のひらにふと受けとめし雪の片やがて桜の花へとかわる

茨城県 茨城県立盲学校 2年
桐原 宣幸

お茶わんに小さな茶せんささやいて淡い緑のひきたつ香り

埼玉県 加須市立大利根中学校 2年
山本 彩可

いじめられ悲しむ人を見かけるが周りが怖くて声かけられず

埼玉県 西武学園文理中学校 1年
松川 ゆかり

ゆとり世代自ら望んだわけじゃないなのに何かと文句言われる

埼玉県 西武学園文理中学校 3年
岡野 りさ

食べる寝る吹くのそれだけ繰り返しオーボエ握る三泊四日

埼玉県 埼玉県立坂戸西高等学校 1年
前畑 栞里

部活動打ち込む友を見ていたらリハビリ中の脚動きだす

埼玉県 埼玉県立坂戸西高等学校 2年
河井 瑞紀

放課後の図書室はまるで秘密基地集まる怪しい友人たちよ

埼玉県 埼玉県立桶川西高等学校 2年
井原 由紀子

生物部滞在時間自宅越すアズキゾウムシ僕の友達

埼玉県 埼玉県立春日部高等学校 2年
石井 滉之

電車内二度見もできず単語見る心が揺れる十分の恋

埼玉県 埼玉県立春日部高等学校 2年
加藤 直人

千年の時越え残る恋の歌歌人の心に思いを馳せる

埼玉県 埼玉県立松山女子高等学校 2年
岡田 純子

秋風にさらわれるよう刈り取られ夕日の中に残る稲機

埼玉県 慶應義塾志木高等学校 3年
保泉 空

「勉強は?」と聞かれる度に見せつける中指にあるふくらんだ皮フ

千葉県 芝浦工業大学柏中学校 1年
小澤 海地

もし僕に翼があれば幸福かそれともそれは重荷だろうか

千葉県 芝浦工業大学柏中学校 1年
北島 耀

オレンジの音をパンッと奏でれば私の顔も幸せになる

千葉県 芝浦工業大学柏中学校 1年
高橋 陽菜

これからは大人のかわぐつはいていく少し痛いがうれしいくつずれ

千葉県 昭和学院秀英中学校 1年
内山 あかり

夏休み最後の一日父と嗅ぐ歴民博の干(ほ)し鰯(か)の臭い

千葉県 昭和学院秀英中学校 1年
佐藤 拓真

三人の努力が実ったノーベル賞日本の未来明るく照らす

千葉県 昭和学院秀英中学校 3年
江波戸 優奈

新鮮な真っ赤なトマト口にして嬬恋の味舌が記憶す

千葉県 和洋国府台女子中学校 1年
高橋 美月

現代人どの景色でも画面ごし真の感動知るよしもなし

千葉県 千葉県立泉高等学校 1年
林 ちさと

窓側のカーテン揺れる昼下がり飛行機雲に憧れていた

千葉県 西武台千葉高等学校 2年
小林 瑞季

テスト前何故か始まる部屋掃除勉強開始はまだまだ遠い

千葉県 西武台千葉高等学校 2年
星野 一樹

今までは「電話なんかで済ませるな」今では「せめて電話で話せ」

千葉県 千葉商科大学付属高等学校 1年
髙橋 誠哉

ラインでは明日話そうと決めたのに廊下で会うとうつむく二人

千葉県 東京学館船橋高等学校 1年
山﨑 将太郎

冷蔵庫期限切れてるものばかり実習テストの終りし夕食

千葉県 佐原准看護学校 1年
根元 淳子

やどかりが夏の日射しを受けながら築浅(ちくあさ)物件探し求める

東京都 学習院女子中等科 1年
黒田 智都

しっかりと的を見据えて放った矢静けさ破る的中の音

東京都 吉祥女子中学校 2年
山路 英

書き初めの会心の作きめたのは諦めかけたラスト一枚

東京都 十文字中学校 2年
近藤 瑛理香

届いたよ祖父の思いがつまってる秋の楽しみ小さな柿が

東京都 星美学園中学校 2年
角田 恵理

都会ではスモールサイズの夕焼けがパノラマになる山あいの秋

東京都 早稲田大学高等学院中学部 2年
山﨑 拓実

赤本に常識であると侮蔑されあせる私にせまる一月

東京都 東京都立竹早高等学校 3年
松本 英子

心地よい紙の香りに包まれて活字の世界を私は旅する

東京都 東京都立片倉高等学校 2年
森 静香

自動ドア近づくだけで開いちゃう君の心も開かせたいな

東京都 東京都立鷺宮高等学校 1年
風間 咲希

たくさんの色を混ぜると黒になるだからか何故か身近に感じる

東京都 東京都立鷺宮高等学校 1年
林 奈都生

「暑いからまた気をつけて帰ってね」優しい言葉聞いたコンビニ

東京都 東京都立田園調布高等学校 3年
武藤 詩織

二人きり工場の中向かい合いひと夏過ごしたガス溶接と

東京都 東京都立府中工業高等学校 2年
岡田 大和

時を経て顔ぶれ変わる盆踊りラムネの味は少し寂しい

東京都 東京都立府中高等学校 2年
新井 美鈴

真四角の窓が切り取る青空は洗ったばかりのハンカチのよう

東京都 学習院女子高等科 1年
中村 怜奈

イスラエル数時間のみ停戦しその間(かん)彼らは何を思うか

東京都 学習院女子高等科 1年
中山 夏帆

母ひとり愛してくれた十五年母を支える人になりたい

東京都 駒込学園駒込高等学校 1年
蟹江 亮仁

肩落とし地面に染みたため息を洗い流した午後の夕立

東京都 国士舘高等学校 3年
早川 萌香

日暮れ時あなたの伸びた影法師ばれないようにこっそり影踏み

東京都 星美学園高等学校 1年
福田 柚子

鴎外さんちょっと脳ミソお借りしたい三月中には返しますので

東京都 星美学園高等学校 3年
生垣 萌々子

試験前ノートのコピー飛び交わずスマホで写メし難問解決

東京都 聖心女子学院高等科 2年
鈴木 麻未

相談に乗ってと言われ乗っている自分のことは分からなくって

東京都 専修大学附属高等学校 3年
黒澤 雄登

誰よりも響く声援その声ははりきる父の応援だった

東京都 中央大学高等学校 1年
小野寺 真菜

御嶽山噴火で気付く当たり前人も地球も生きていること

東京都 中央大学高等学校 2年
小岩 瑞季

部活後に男二人の帰り道さびしさ残す二本の轍

東京都 東京農業大学第一高等学校 3年
池田 隼人

席ゆずり静かに聞こえた「ありがとう」疲れた体少し和んだ

東京都 昭和女子大学附属昭和高等学校 1年
川上 乃愛

大学で己について哲学す未だ自分をわかることなし  

東京都 東洋大学 1年
永友 涼

液晶に絶えず目をやる人々の心の富はいかほどばかり

東京都 東洋大学 2年
小林 雅隆

おしゃべり中ぽろり方言口にして離れて暮らす家族を想う

東京都 東洋大学 3年
谷内 花奈子

何もかもやる気おきない中二病操縦不能他人の如し

神奈川県 慶應義塾普通部 2年
武井 信吾

アメリカの広い大地に突き刺さるケイの打球は僕の憧れ

神奈川県 慶應義塾普通部 2年
藤木 滉

快晴でくも一つない青空に私の祖母はのぼっていった

神奈川県 捜真女学校中学部 2年
安部 栞

帰宅した機嫌の悪い父の手に私が好きなワッフル三つ

神奈川県 捜真女学校中学部 2年
石川 友香理

御嶽を映す画面の石の雨思い知るなり自然の脅威

神奈川県 神奈川大学附属中学校 2年
布川 理央

夢語る友の姿勢が凛として負けじと力お腹にこめる

神奈川県 神奈川大学附属高等学校 2年
岡崎 瑞穂

将来の夢を問われて黙り込む幼い頃は三つも言えた

神奈川県 神奈川大学附属高等学校 2年
田村 璃咲

もう五年単身赴任の父さんの帰り待ってる食卓の箸

新潟県 東京学館新潟高等学校 1年
新井 莉菜

二十五時父の靴音聞いている「おかえりなさい」言いたいけれど

新潟県 東京学館新潟高等学校 1年
中村 綾那

温暖化先の事だと思ってたスコールみたいに雨は降るけど

新潟県 東京学館新潟高等学校 1年
山上 昂大

エネルギー消費し続け地球死す暮らしやすさを選んだ結果

長野県 上田西高等学校 3年
中澤 宥大

御礼など口にはしない祖父からの「ありがとうな」を聞いた死に際

長野県 上田西高等学校 3年
端 暉

「一緒には入らない」という妹に父の体がピタリととまる

長野県 飯田女子高等学校 2年
今村 珠愛

なんでだろうLINEの「好き」と口の「好き」勇気も全部違ってくるんだ

静岡県 静岡県立下田高等学校 1年
大竹 渚

この魚何と聞かれてすぐわかる水高生の本領発揮

静岡県 静岡県立焼津水産高等学校 2年
川崎 晴也

「無視された」「まだ見てくれない」「返事して」そんなに大事?「既読」の二文字

愛知県 光ヶ丘女子高等学校 2年
片岡 佑奈

グラグラグラ何よりも先にスマホ取り「揺れてるなう」とつぶやく人々

愛知県 名古屋国際高等学校 2年
大島 眞琴

流行語「ヤバイ」「ウケる」を連発し暗号化する日本の会話

大阪府 大阪青凌中学校 3年
小西 真由

秋の日に君を思って顔まっかきっと葉っぱも想像中だ

大阪府 大阪市立北稜中学校 2年
鬼丸 木実

外を見て見ないふりする大人よりすぐ席ゆずる派手な若者

兵庫県 兵庫県立大学附属高等学校 3年
山本 祐華

ボランティア流した汗は広島の復興うながす希望のしずく

広島県 ノートルダム清心中学校 2年
望月 晴

「明日から」言っては母にあきれられ「あんたの明日はいつくるんかね」

広島県 ノートルダム清心中学校 2年
和久井 七海

江波車庫(えばしゃこ)にひっそりと住む車庫の主ほこりを被った被爆電車

広島県 広島学院中学校 2年
重信 圭祐

私でも何かの力になれるはず土砂に飲まれたあの街のため

広島県 広島市立舟入高等学校 1年
市川 海里

まだいけるスタンドからの声を聞き一球捕えたフルスイング

広島県 広島県立戸手高等学校 3年
横田 実沙

機械にも命を吹き込む職がある憧れて今機械科にいる

広島県 広島県立広島工業高等学校 1年
倉知 拓海

木材も生きているから狂いが出る木の気持ちなら分かってやれる

広島県 広島県立広島工業高等学校 1年
福重 虎星

実習着洗濯で落ちぬ黒いしみ機械油の汚れは勲章

広島県 広島県立広島工業高等学校 2年
池田 修哉

手袋を三重にして清拭へタオル絞ると掌火照る

広島県 広島市医師会看護専門学校 2年
小川 美穂

母の声さみしいときに電話鳴る私の気持ちどこで見てるの

広島県 広島市医師会看護専門学校 2年
堀川 ユリア

初めての父と二人の外食は互いの頬を紅潮させる

山口県 柳井学園高等学校 1年
弘中 千遥

偽りで隠してしまったこのドアをそっと開いた友の優しさ

香川県 香川県立三本松高等学校 3年
頼富 光平

人の目をいつも気にして過ごしてたそんな自分にさよならしたい

高知県 高知県立伊野商業高等学校 3年
中平 葉月

久々に帰省した友慣れんばいその方言に寂しくなった

福岡県 福岡県立八女高等学校 2年
山口 優夏

長崎に生まれあわせて理解する平和の大事さ八月九日

長崎県 佐世保市立清水中学校 1年
下田 瑛人

緊張が制服を着て歩き出す吹奏楽部の曲と一緒に

長崎県 佐世保市立清水中学校 1年
杉山 日菜

通じない言葉の壁を乗り越えたダンスの文化は国をも越える

アメリカ 慶應義塾ニューヨーク学院 2年
小島 一輝

美術の日何気なく描く絵はすべて生まれ育った故郷の景色

アメリカ 慶應義塾ニューヨーク学院 2年
田澤 宏樹

小学生の部

クワガタが夏の夕ぐれまよいこみ虫かごさがす父とそふなり

宮城県 加美町立宮崎小学校 4年
渡邊 夏希

秋の日に空見上げれば広い空まっ赤にそまり赤とんぼとぶ

埼玉県 コロンビアインターナショナルスクール 6年
小林 莉乃

ぼくのうそいくつついたか思いだすふとんの中でもうつくまいと

埼玉県 さいたま市立南浦和小学校 6年
山浦 健太

あと一歩すぐそこにある優勝がおれの一打で今決めるんだ

千葉県 山武市立睦岡小学校 6年
鈴木 泰騎

沖縄で海にもぐって魚とりあの海へびはおそろしかった

東京都 リトルエンジェルスインターナショナルスクール 6年
石塚 将

夕焼けの空見上げれば赤とんぼ町まで来たの秋を知らせに

大阪府 堺市立新浅香山小学校 4年
木村 歩有花

きれいだな空にかがやくアルタイルデネブとベガと三角えがく

大阪府 堺市立新浅香山小学校 4年
福井 美佳子

汗流し力出し切りがんばった組体終わり涙が出そう

奈良県 奈良市立済美小学校 6年
上月 愛郁

遠足で歩いた道は田の周り中で稲穂が輝いていた

奈良県 奈良市立済美小学校 6年
野村 美結

お母さんでんわなったらおこっていてもびっくりぎょうてんなぜこえかわる

長崎県 大村市立放虎原小学校 5年
馬場 菜七葉

都道府県別応募数(順不同)

都道府県合計都道府県合計都道府県合計
北海道999石川89岡山518
青森797福井107広島4,390
岩手487山梨5山口776
宮城97長野1,521徳島189
秋田56岐阜-香川51
山形591静岡449愛媛16
福島1,405愛知1,439高知63
茨城1,251三重184福岡468
栃木88滋賀-佐賀31
群馬380京都274長崎1,885
埼玉6,431大阪1,035熊本3
千葉6,436兵庫621大分-
東京17,067奈良171宮崎132
神奈川2,624和歌山66鹿児島206
新潟627鳥取83沖縄106
富山316島根-アメリカ320

合計54,850首(小学生を含む)

入選作品収録冊子申し込み