MENU CLOSE

メディア掲載作品一覧

  • English
  • 日本語

第28回現代学生百人一首

掲載作品一覧

朝日新聞 『天声人語』

今までは「電話なんかで済ませるな」今では「せめて電話で話せ」

千葉県 千葉商科大学付属高等学校 1年
髙橋 誠哉

手のひらの中の小さな画面よりこっち見てよと言えぬ私は

山形県 山形県立長井高等学校 2年
佐藤 萌

「正義って何だろうね」とつぶやいて歴史の教科書めくってる君

秋田県 秋田県立秋田西高等学校 3年
加藤 菜々

心地よい紙の香りに包まれて活字の世界を私は旅する

東京都 東京都立片倉高等学校 2年
森 静香

鷗外さんちょっと脳ミソお借りしたい三月中には返しますので

東京都 星美学園高等学校 3年
生垣 萌々子

「勉強は?」と聞かれる度に見せつける中指にあるふくらんだ皮フ

千葉県 芝浦工業大学柏中学校 1年
小澤 海地

御嶽山噴火で気付く当たり前人も地球も生きていること

東京都 中央大学高等学校 2年
小岩 瑞季

ボランティア流した汗は広島の復興うながす希望のしずく

広島県 ノートルダム清心中学校 2年
望月 晴

将来の夢を問われて黙り込む幼い頃は三つも言えた

神奈川県 神奈川大学附属高等学校 2年
田村 璃咲

書き初めの会心の作きめたのは諦めかけたラスト一枚

東京都 十文字中学校 2年
近藤 瑛理香

産経新聞 『産経抄』

電車内二度見もできず単語見る心が揺れる十分の恋

埼玉県 埼玉県立春日部高等学校 2年
加藤 直人

将来の夢を問われて黙り込む幼い頃は三つも言えた

神奈川県 神奈川大学附属高等学校 2年
田村 璃咲

手袋を三重にして清拭へタオル絞ると掌火照る

広島県 広島市医師会看護専門学校 2年
小川 美穂

機械にも命を吹き込む職がある憧れて今機械科にいる

広島県 広島県立広島工業高等学校 1年
倉知 拓海

「正義って何だろうね」とつぶやいて歴史の教科書めくってる君

秋田県 秋田県立秋田西高等学校 3年
加藤 菜々

信濃毎日新聞『信州ワイド』

エネルギー消費し続け地球死す暮らしやすさを選んだ結果

長野県 上田西高等学校 3年
中澤 宥大

御礼など口にはしない祖父からの「ありがとうな」を聞いた死に際

長野県 上田西高等学校 3年
端 暉

「一緒には入らない」という妹に父の体がピタリととまる

長野県 飯田女子高等学校 2年
今村 珠愛

北海道建設新聞

 

夕焼けの空見上げれば赤とんぼ町まで来たの秋を知らせに

大阪府 堺市立新浅香山小学校 4年
木村 歩有花

遠足で歩いた道は田の周り中で稲穂が輝いていた

奈良県 奈良市立済美小学校 6年
野村 美結

もし僕に翼があれば幸福かそれともそれは重荷だろうか

千葉県 芝浦工業大学柏中学校 1年
北島 耀

これからは大人のかわぐつはいていく少し痛いがうれしいくつずれ

千葉県 昭和学院秀英中学校 1年
内山 あかり

自動ドア近づくだけで開いちゃう君の心も開かせたいな

東京都 東京都立鷺宮高等学校 1年
風間 咲希

まだいけるスタンドからの声を聞き一球捕えたフルスイング

広島県 広島県立戸手高等学校 3年
横田 実沙

生物部滞在時間自宅越すアズキゾウムシ僕の友達

埼玉県 埼玉県立春日部高等学校 2年
石井 滉之

実習着洗濯で落ちぬ黒いしみ機械油の汚れは勲章

広島県 広島県立広島工業高等学校 2年
池田 修哉

イスラエル数時間のみ停戦しその間(かん)彼らは何を思うか

東京都 学習院女子高等科 1年
中山 夏帆

人の目をいつも気にして過ごしてたそんな自分にさよならしたい

高知県 高知県立伊野商業高等学校 3年
中平 葉月

あの日から土だけになった街跡を見ていて思う「震災終わらぬ」

岩手県 専修大学北上高等学校 1年
五十嵐 遼太

佐賀新聞

手の中の志望理由書見つめたらモノクロ世界色付き始め

岩手県 岩手県立沼宮内高等学校 3年
福島 恵梨

手袋を三重にして清拭へタオル絞ると掌火照る

広島県 広島市医師会看護専門学校 2年
小川 美穂

電車内二度見もできず単語見る心が揺れる十分の恋

埼玉県 埼玉県立春日部高等学校 2年
加藤 直人

なんでだろうLINEの「好き」と口の「好き」勇気も全部違ってくるんだ

静岡県 静岡県立下田高等学校 1年
大竹 渚

「正義って何だろうね」とつぶやいて歴史の教科書めくってる君

秋田県 秋田県立秋田西高等学校 3年
加藤 菜々

御嶽山噴火で気付く当たり前人も地球も生きていること

東京都 中央大学高等学校 2年
小岩 瑞季

おしゃべり中ぽろり方言口にして離れて暮らす家族を想う

東京都 東洋大学 3年
谷内 花奈子

 西日本新聞夕刊

心地よい紙の香りに包まれて活字の世界を私は旅する

東京都 東京都立片倉高等学校 2年
森 静香

山陽新聞『滴一滴』

ゆとり世代自ら望んだわけじゃないなのに何かと文句言われる

埼玉県 西武学園文理中学校 3年
岡野 りさ

鷗外さんちょっと脳ミソお借りしたい三月中には返しますので

東京都 星美学園高等学校 3年
生垣 萌々子

山形新聞

赤本に常識であると侮蔑されあせる私にせまる一月

東京都 東京都立竹早高等学校 3年
松本 英子

琉球新報『ティータイム』

日暮れ時あなたの伸びた影法師ばれないようにこっそり影踏み

東京都 星美学園高等学校 1年
福田 柚子

自動ドア近づくだけで開いちゃう君の心も開かせたいな

東京都 東京都立鷺宮高等学校 1年
風間 咲希

千年の時越え残る恋の歌歌人の心に思いを馳せる

埼玉県 埼玉県立松山女子高等学校 2年
岡田 純子

手のひらの中の小さな画面よりこっち見てよと言えぬ私は

山形県 山形県立長井高等学校 2年
佐藤 萌

なんでだろうLINEの「好き」と口の「好き」勇気も全部違ってくるんだ

静岡県 静岡県立下田高等学校 1年
大竹 渚

ラインでは明日話そうと決めたのに廊下で会うとうつむく二人

千葉県 東京学館船橋高等学校 1年
山﨑 将太郎

相談に乗ってと言われ乗っている自分のことは分からなくって

東京都 専修大学附属高等学校 3年
黒澤 雄登

あの日から土だけになった街跡を見ていて思う「震災終わらぬ」

岩手県 専修大学北上高等学校 1年
五十嵐 遼太

「正義って何だろうね」とつぶやいて歴史の教科書めくってる君

秋田県 秋田県立秋田西高等学校 3年
加藤 菜々

右向け右いつか習ったこの言葉それが僕等の特性なのか

茨城県 東洋大学附属牛久高等学校 3年
仙田 陸海

将来の夢を問われて黙り込む幼い頃は三つも言えた

神奈川県 神奈川大学附属高等学校 2年
田村 璃咲

夢語る友の姿勢が凛として負けじと力お腹にこめる

神奈川県 神奈川大学附属高等学校 2年
岡崎 瑞穂

毎日新聞

あの日から土だけになった街跡を見ていて思う「震災終わらぬ」

岩手県 専修大学北上高等学校 1年
五十嵐 遼太

苦しいなどこまで上がるか消費税不安が増える一人の暮らし

福島県 福島県立平工業高等学校 3年
後藤 禎貴

三人の努力が実ったノーベル賞日本の未来明るく照らす

千葉県 昭和学院秀英中学校 3年
江波戸 優奈

今までは「電話なんかで済ませるな」今では「せめて電話で話せ」

千葉県 千葉商科大学付属高等学校 1年
髙橋 誠哉

赤本に常識であると侮蔑されあせる私にせまる一月

東京都 東京都立竹早高等学校 3年
松本 英子

イスラエル数時間のみ停戦しその間(かん)彼らは何を思うか

東京都 学習院女子高等科 1年
中山 夏帆

試験前ノートのコピー飛び交わずスマホで写メし難問解決

東京都 聖心女子学院高等科 2年
鈴木 麻未

御嶽山噴火で気付く当たり前人も地球も生きていること

東京都 中央大学高等学校 2年
小岩 瑞季

御嶽を映す画面の石の雨思い知るなり自然の脅威

神奈川県 神奈川大学附属中学校 2年
布川 理央

「無視された」「まだ見てくれない」「返事して」そんなに大事?「既読」の二文字

愛知県 光ヶ丘女子高等学校 2年
片岡 佑奈

TBSテレビ

御嶽山噴火で気付く当たり前人も地球も生きていること

東京都 中央大学高等学校 2年
小岩 瑞季

電車内二度見もできず単語見る心が揺れる十分の恋

埼玉県 埼玉県立春日部高等学校 2年
加藤 直人

試験前ノートのコピー飛び交わずスマホで写メし難問解決

東京都 聖心女子学院高等科 2年
鈴木 麻未

「無視された」「まだ見てくれない」「返事して」そんなに大事?「既読」の二文字

愛知県 光ヶ丘女子高等学校 2年
片岡 佑奈

赤本に常識であると侮蔑されあせる私にせまる一月

東京都 東京都立竹早高等学校 3年
松本 英子

中国新聞

アメリカの広い大地に突き刺さるケイの打球は僕の憧れ

神奈川県 慶應義塾普通部 2年
藤木 滉

今までは「電話なんかで済ませるな」今では「せめて電話で話せ」

千葉県 千葉商科大学付属高等学校 1年
髙橋 誠哉

ラインでは明日話そうと決めたのに廊下で会うとうつむく二人

千葉県 東京学館船橋高等学校 1年
山﨑 将太郎

ボランティア流した汗は広島の復興うながす希望のしずく

広島県 ノートルダム清心中学校 2年
望月 晴

私でも何かの力になれるはず土砂に飲まれたあの街のため

広島県 広島市立舟入高等学校 1年
市川 海里

「正義って何だろうね」とつぶやいて歴史の教科書めくってる君

秋田県 秋田県立秋田西高等学校 3年
加藤 菜々

新潟日報

もう五年単身赴任の父さんの帰り待ってる食卓の箸

新潟県 東京学館新潟高等学校 1年
新井 莉菜

二十五時父の靴音聞いている「おかえりなさい」言いたいけれど

新潟県 東京学館新潟高等学校 1年
中村 綾那

温暖化先の事だと思ってたスコールみたいに雨は降るけど

新潟県 東京学館新潟高等学校 1年
山上 昂大

読売新聞

「正義って何だろうね」とつぶやいて歴史の教科書めくってる君

秋田県 秋田県立秋田西高等学校 3年
加藤 菜々

夏休み最後の一日父と嗅ぐ歴民博の干(ほ)し鰯(か)の臭い

千葉県 昭和学院秀英中学校 1年
佐藤 拓真

御嶽山噴火で気付く当たり前人も地球も生きていること

東京都 中央大学高等学校 2年
小岩 瑞季

NHKラジオ

「正義って何だろうね」とつぶやいて歴史の教科書めくってる君

秋田県 秋田県立秋田西高等学校 3年
加藤 菜々

手のひらの 中の小さな 画面より こっち見てよと 言えぬ私は

山形県 山形県立長井高等学校 2年
佐藤 萌

「無視された」「まだ見てくれない」「返事して」そんなに大事?「既読」の二文字

愛知県 光ヶ丘女子高等学校 2年
片岡 佑奈

現代人どの景色でも画面ごし真の感動知るよしもなし

千葉県 千葉県立泉高等学校 1年
林 ちさと

ボランティア流した汗は広島の復興うながす希望のしずく

広島県 ノートルダム清心中学校 2年
望月 晴

木を削る音が身体にしみついて頑固な祖父は今日も働く

山形県 山形県立鶴岡中央高等学校 3年
鈴木 陽

生物部滞在時間自宅越すアズキゾウムシ僕の友達

埼玉県 埼玉県立春日部高等学校 2年
石井 滉之

テレビ新潟・読売新聞

もう五年単身赴任の父さんの帰り待ってる食卓の箸

新潟県 東京学館新潟高等学校 1年
新井 莉菜

二十五時父の靴音聞いている「おかえりなさい」言いたいけれど

新潟県 東京学館新潟高等学校 1年
中村 綾那

温暖化先の事だと思ってたスコールみたいに雨は降るけど

新潟県 東京学館新潟高等学校 1年
山上 昂大

YAHOO!ニュース

手袋を三重にして清拭へタオル絞ると掌火照る

広島県 広島市医師会看護専門学校 2年
小川 美穂

母の声さみしいときに電話鳴る私の気持ちどこで見てるの

広島県 広島市医師会看護専門学校 2年
堀川 ユリア