MENU CLOSE

記念冊子紹介

  • English
  • 日本語

記念冊子紹介

現代学生百人一首25周年記念フォトブック
「伝えあうこころ ~かさなるいろ、かさなる想い~ 」

現代学生百人一首25周年記念フォトブック「伝えあうこころ ~かさなるいろ、かさなる想い~ 」

25年間のうたをフォトとともに綴る

本学創立100周年の記念事業のひとつとしてスタートした「現代学生百人一首」において、この25年間に寄せられた応募作品数は100万首超にのぼる。このフォトブックは、創立125周年そして本事業25周年の記念として編まれたものだ。

第1回から第25回までの入選作品を「学校生活」「家族」「ライフスタイル」「恋愛」「自分」「社会・時事問題」など新たに9テーマに分けて振り返りつつ、そこに写真を重ねるという、これまでにない“うたとフォトとの共演”を味わえる一冊。写真は今回、本学学生と附属高校の生徒が撮影した。短歌と写真――異なる作者が、短歌を通じ、時代を超えて共鳴し合い、新たな世界を創り出す。
表紙に華を添えた25色は、これまで発表してきた作品収録冊子の背表紙の色。若者の短歌も、これらの色彩と同様に、何色にも輝く可能性を秘めている。

東洋大学現代学生百人一首
「みそひともじに綴られた、20年の軌跡」

20年間の軌跡を、第1回~第20回入選作品で振り返る

1987年、東洋大学創立100周年の記念事業として第一歩を踏み出した「現代学生百人一首」。
20年間で寄せられた作品数は、765,543首にも上る。
「東洋大学現代学生百人一首みそひともじに綴られた、20年の軌跡」は、現代学生百人一首20年の軌跡を、第1回~第20回の入選作品を通じて振り返った記念冊子である。
20年間の入選作品の中から200首を再選し、彼らが抱いた「喜・怒・哀・楽」を、日本独自の四季になぞらえて4つの章に分けて綴っている。