MENU CLOSE

心理・スポーツ情報コース

  • English
  • 日本語

コース長挨拶 加藤千恵子教授 博士(工学)

心理学とITを融合した最先端の研究で
スポーツを分析し、アスリートをサポート

心理・スポーツ情報コースでは、アスリート支援を目的として、心理学の理論に基づくメンタルトレーニングや、運動科学に基づくコンディショニング、トレーニングの手法について学ぶことができます。また、心理学の各領域について幅広く学習できるのが同コースの特徴で、カウンセリングやメンタルヘルスケアといった心理サポートの理論・技法を身につけたい人にとっても、充実した学びの環境が整備されています。

さらに、アスリートの心理・生体データの測定および解析、データ管理・フィードバックのためのシステム構築といった経験を通じて、スポーツへのICT(情報通信技術)の活用方法について理解を深めていけるでしょう。

コースを希望する皆さんには、自分自身が興味をもつ領域の知識・スキルの習得や、専門的な資格の取得を通じて、心理学、スポーツ、データマイニングといった各領域のスペシャリストを目指してほしいと思います。

大学4年間で心理系資格を取得。心理学の知識と最先端の情報技術を組み合わせ、心理サポートの専門家を目指す

心理・スポーツ情報コースでは、心理の専門家を要請するための教育に力を注いでいます。アスリートを対象としたメンタルトレーニングはもちろん、カウンセリング(臨床心理学)やカラーセラピー(色彩心理学)、行動分析(行動心理学)、メンタルヘルス(健康心理学)、錯視(認知心理学)など、心理学の幅広いテーマにふれ、卒業研究のテーマ立案へとつなげることができます。心理学の基礎と応用に関する知識を身につけ、心理データの測定・解析といった情報活用の技術と組み合わせることで、より発展的な研究に取り組んでいきましょう。

特に、産業カウンセラーやスポーツメンタルトレーニング指導士など、心理系資格を取りたいと考えている人は、心理学関連の授業を重点的に履修することをおすすめします。大学4年間で、資格取得に必要な履修科目をカバーすることができ、卒業後のキャリアに活かせる知識とスキルが身につきます。心理学に興味のある人、将来的に心理に関わる仕事に就きたいと考えている人にとっても、心理・スポーツ情報コースは魅力的な学習環境といえるでしょう。

イメージ画像1イメージ画像2

大学4年間でパーソナルトレーナー資格を取得。運動科学に基づく効果的なトレーニングを実践する

アスリートやクライアントに対し、正確な体力評価を行い、適切なトレーニングを処方することで、パフォーマンスや健康を向上させるのがパーソナルトレーナーの役目。そのためには、運動生理学や解剖学の知識と、それらをトレーニングに活用するためのスキルが必要不可欠です。

心理・スポーツ情報コースでは、国際的なストレングス(筋力)&コンディショニングトレーニングの教育団体であるNSCA (National Strength and Conditioning Association) の監修のもと、パーソナルトレーナー資格(NSCA-CPT: Certified Personal Trainer)の取得に必要な知識・スキルを習得するための授業が用意されています。スポーツに関わる仕事に就きたい、アスリートの支援に携わりたい、と考えている人は、是非ともスポーツ関連の授業を履修し、高度な資格の取得に挑戦してもらいたいと思います。

今後は、アスリートを対象としたストレングス&コンディショニングの専門家を認定する資格(CSCS: Certified Strength and Conditioning Specialist)の取得に向けて、対応科目を順次開講していく予定です。

イメージ画像3イメージ画像4

心理・生体データを活用してアスリートを支援する

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、わが国におけるスポーツへの注目・関心は、これまで以上の盛り上がりを見せています。みなさんの中には、アスリートとして、あるいは競技・アスリートをサポートする立場で、スポーツ・ムーブメントに携わっていきたいと考えている人もいることでしょう。

試合で勝つための戦略・戦術の立案、パフォーマンス向上のためのトレーニングの考案、スポーツ器具・用具の開発など、サポートの方法は様々です。心理・スポーツ情報コースでは、このようなアスリート支援を目的として、適切なデータ収集と分析、活用の技術を身につけることを目指します。そのために、心理・生体データの計測と分析、スポーツ文化・教養の理解といった、幅広い学習内容が用意されています。

データアナリストの能力を身につける

心理・生体データ計測の理論と手法について学んだ後に、これらのデータについて分析・解析を実施するための統計解析や、データマイニングの実践を積み重ねていきます。こうしたプロセスを経て、実社会で通用する情報活用の能力を在学中に身につけることができるでしょう。上で挙げた他にも、工学的手法に基づくアスリートの動作計測・解析など、心理・スポーツ情報コースで学ぶことのできるデータ計測・分析の手法は多岐にわたります。

イメージ画像5イメージ画像6

 

 

 

 

心理・スポーツ情報コースにおける学びの特徴は、スポーツ現場への活用を見据えて、実践的なデータ計測・分析の技術を身につけられるという点にあります。幅広いテーマの中から、みなさんの興味関心に即したスポーツへの関わり方や、研究によるアプローチを行っていくための具体的な道筋を見つけることができるでしょう。

身体動作・運動特性の解析

工学的理論・技術を基盤とし、試合中のプレーヤーの動作解析や、競技ごとの運動特性の解析を行います。高速度カメラやモーションキャプチャ、GPSなどの機器を用いたスポーツ動作の計測・解析を体験し、実践的なスキルを習得することもできます。アスリートのホームや動きを追うことにより、理想的なホーム、効率の良い動きを導き出すことができます。

スポーツは、する人、みる人、ささえる人の3者によって成り立っています

本コースにおける学びが、スポーツを「ささえる人」としてのみなさんの能力を開花させ、社会での活躍を後押しすることを期待しています。

イメージ画像7イメージ画像8イメージ画像9

 

 

 

 

 

 

心理・スポーツ情報コース

心理・スポーツ情報コースでは、以下の方針に沿って教育課程を編成しています。
(1)パーソナルトレーナーやメンタルトレーニングの能力が身につきます。スポーツにおけるデータアナライズ
の技術も学べます。
(2)ICTを活用し、スポーツ器具・用具の運動する身体やゲーム中のプレイヤーの動きを測定・解析し、科学的に
理解・説明を養う教育を行います。
(3)心理学が学べます。心理実験やカウンセリングだけではなく、ITカウンセリング・メンタルトレーニングな
ど、IT技術を駆使した技術が学べます。

いくつかの科目ご紹介

スポーツ行動心理計測論
スポーツパフォーマンスを上げるにはどのような方法が必要かを学びます。
トレーナーやその他のスポーツ系の企業への就職に備え、実践に基づいた理論を学びます。

スポーツ行動心理計測論


スポーツ感性商品デザイン
アスリートだけでなく見るスポーツ愛好者の感性に訴える商品を製作するために、色彩、形態と心理の関係性やデザイン手法を学びます。3DCGと3Dプリンタを利用したモデルの設計と商品の印象評価までを行います。

スポーツ感性商品デザイン


スポーツバイオメカニクス
スポーツにおける運動、すなわち人や道具・用具の動きを理解するための基礎となる力学や運動量、エネルギーなどの概念を学びます。図は、指を開いているときと閉じているときで、まわりの水の流れがどのように異なるかを示しています。

スポーツバイオメカニクス


スポーツ情報処理論
スポーツにおいて、人の目では追うことのできないような現象を、高速度カメラやスピードガンなどの計測装置を用いてデータ取得、解析する技術や方法論を学びます。この写真は高速度ビデオによって捉えられたソフトテニスボールの変形を示しています。

スポーツ情報処理論


グローバルスポーツと情報
世界の様々な国や地域での各々のスポーツ事情について、どのような競技が盛んで、人々にどのように受け入れられているかなどの特徴を、各国、各地域の社会と文化、歴史、国民性などの観点から説明します。

グローバルスポーツと情報


心理・生体測定法
人のこころを図る技術を学びます。また心と身体が一体であることを知ってもらう授業です。

心理・生体測定法イメージ写真心理・生体測定法イメージ写真