1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 総合情報学部
  5. Overview of the Faculty of Information Sciences and Arts//総合情報学部概要
MENU CLOSE

Overview of the Faculty of Information Sciences and Arts//総合情報学部概要

  • English
  • 日本語

Overview of the Faculty of Information Sciences and Arts

img_information_sciences_arts

In the 21st century, ICT (Information and Communication Technology) has become a supporting foundation for society, and its utilization is considered to greatly influence the lives of people and the development of the economy.
In April of 2009, the "Faculty of Information Sciences and Arts" was established at Toyo University to pioneer the new information research field based on the demand from society to properly utilize information communication technology in various industrial fields and human behavior. We train human resources who can understand the relationships between information and various knowledge fields such as industry, economy, culture, arts, environment, and psychology, and who can creatively increase information value in various social fields.

This Faculty has only one department; the Department of Information Sciences and Arts. In addition to "Information Basics," students comprehensively learn according to their interests by selecting from four specialized courses, "Information Sciences," "Media Culture," "Environmental Information," and "Psychological Information," which are important specialized integrated fields. Beyond the arts and sciences, the curriculum promotes the acquisition of the following skills.

  • The ability to utilize advanced technology and specialized knowledge from ICT to resolve problems in various fields
  • The ability to understand human behavior from the viewpoint of culture and social sciences
  • The ability to think from the viewpoint of information sciences
  • The ability to communicate and collaborate effectively and smoothly with others

img_information_sciences_arts

The Faculty of Information Sciences and Arts seeks to cultivate "Creators / Handlers of First Class Information" as human resources who can accurately collect, edit, and express information from various fields such as sociology, economics, culture, the arts, the environment, and psychology beyond the frames of culture and science, and who can take the lead in a knowledge information society promoted by ICT (Information and Communication Technology).

総合情報学部概要

総合情報学部は、従来の文系・理系の枠を超えて、情報通信技術(ICT)を経済、文化、芸術、環境、心理などの様々な分野の知識と融合させ、その融合によって社会のあらゆる領域で、情報の高度な利活用を先導する「第一級の情報の創り手・使い手」となる人材を育成する目的で2009年に開設されました。全学年を通じて学部の基盤であるICTをしっかりと身に付けるとともに、2学年から配属されるコースごとの専門知識を学生のキャリア形成プランに則して選択的に学習します。

総合情報学は、文系と理系の境界のない学際的な学問ですので、当学部では文系学生と理系学生が共に学ぶことができ、文系学生も理系学生も無理のない履修プランで卒業できます。また、当学部ではクラス制とゼミ制を通じてきめ細かな生活・学習指導を行い、安心と一体感が感じられる「育てる教育」を実施します。

  • 文系学生、理系学生を問わず、共に情報コミュニケーション技術(ICT)を学ぶ
  • 文系学生も理系学生も無理のない履修プランで卒業できる
  • 安心と一体感が感じられる「育てる教育」を行う

2016年3月に4期目の学生が卒業しましたが、これまでの卒業生が就職した業種は多岐に渡っています。情報通信業界がほぼ25%を占めますが、その他は映像・出版・広告業、ゲーム・アプリ開発業、金融業・保険業、建設・住宅業、不動産業、などなど多様な業界へ受け入れられています。

2016年度から新しく編成されたカリキュラムのもとでコース制を実施しています。システム情報コース、スポーツ情報コース、メディア文化コースの3つのコースが設けられます。このコース制によって学習目標を定めやすくなり、各自の専門領域を深く学べるようになります。それと同時に他コースの科目も履修できますので学問領域の幅を広げることも可能です。
総合情報学部概要_新旧対照表

総合情報学部学びのダイアグラム

学部学科/入学定員/修学場所

総合情報学科

総合情報学部の写真

写真(向かって左から7号館外観、PC演習室、シアター、スタジオ)

3つのコースを編成

「情報」のちからで21世紀の社会とハートを豊かにします。

入学定員

260名

修学場所  

 

 

 

川越キャンパス
埼玉県川越市鯨井2100