1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 総合情報学部
  5. 【総合情報学部】第42回可視化情報シンポジウムアートコンテスト銀賞と入賞
MENU CLOSE

【総合情報学部】第42回可視化情報シンポジウムアートコンテスト銀賞と入賞

  • English
  • 日本語

第42回可視化情報シンポジウムアートコンテスト銀賞と入賞

2014年7月22日、工学院大学で開催されたアートコンテストにおいて茨城和花さん(総合情報学部4年生)の作品が銀賞を獲得し、Assoc. Prof. James Daniel Short(法学部准教授)、加藤千恵子先生(総合情報学部教授)、吉沼智さん(工業技術研究所研究員)3名による共同作品が入賞しました。

茨城和花さんは、”こころと身体とIT 研究室”に所属し活動しています。作品のテーマは、「笑顔のシンフォニー」で,「真顔が笑顔に変わっていく、そのときのワクワク感、幸せ感を可視化した作品」です。詳細は、下記ページに掲載されています。
アートコンテスト作品展示風景
茨城和花さんの作品展示風景
Assoc. Prof. James Daniel Short、加藤千恵子先生、吉沼智さんによる共同作品のテーマは、「Observations From Data Mining Results」(データマイニング結果からの観測)で、「5人のアフガニスタン人によって記述された戦闘経験に関する文書の中で、テキスト分析(語彙別使用頻度の分析など)を行った作品」です。詳細は、下記ページに掲載されています。