1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. 地域活性化研究所
  5. 【地域活性化研究所】2月21日(水)シンポジウム:川越「昭和の街」の地域活性化の取組とこれから
MENU CLOSE

【地域活性化研究所】2月21日(水)シンポジウム:川越「昭和の街」の地域活性化の取組とこれから

  • English
  • 日本語
地域活性化研究所シンポジウムちらし

開催趣旨

東洋大学地域活性化研究所では、2014年度より川越「昭和の街」における研究計画を4年間実施してきました。また、2013年度より総合情報学科の地域プロジェクト演習を実施してきました。これらの終了年度にあたってシンポジウムを開催して、これまでの研究・演習の成果を総括報告するとともに、まちづくり団体と行政を交えて今後の展望を議論します。

プログラム

司会:尾崎晴男(東洋大学地域活性化研究所・研究員/総合情報学部・教授)

18時30分-18時40分
開催挨拶
古屋秀樹(東洋大学地域活性化研究所・所長/国際観光学部・教授)

18時40分-20時20分
講演

1. 川越中央通り「昭和の街」を楽しく賑やかなまちにする会の4年間の取組
岩澤勝己(川越中央通り「昭和の街」を楽しく賑やかなまちにする会・会長)

2. 地域活性化研究所における4年間の研究成果(2014~2017年度)
齋藤伊久太郎(東洋大学地域活性化研究所・客員研究員)

3. 東洋大学総合情報学部地域プロジェクト演習の5年間の取組(2013~2017年度)
小瀬博之(東洋大学地域活性化研究所・研究員/総合情報学部・教授)

4. 「昭和の街」の町並み・建築の魅力
秋山修志(NPO法人川越蔵の会・副会長)

5. 「昭和の街」界隈における行政の取組
早川孝二(川越市都市計画部都市計画課・副主幹)

20時20分-20時30分
休憩

20時30分-21時00分
ディスカッション

21時00分
閉会

開催概要

日時

2018年2月21日(水曜日)18時30分から21時00分まで

会場

蓮馨寺講堂(川越市連雀町7-1)

参加費

無料

定員・参加方法

先着60名(当日直接会場へ)

主催・後援

主催

東洋大学地域活性化研究所

後援

川越市
川越中央通り「昭和の街」を楽しく賑やかなまちにする会
NPO法人川越蔵の会
NPO法人日本アメニティ研究所

これまでの同地区における取組(紀要・社会貢献活動)

会場へのアクセス

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)