MENU CLOSE

Study Group Report//研究会活動報告

  • English
  • 日本語

General Symposium

1st Unit

Previous Activities (1st Unit)

2nd Unit

 Previous Activities (2nd Unit)

3rd Unit

Previous Activities (3rd Unit)

各ユニットは、研究会、研究集会、講演会などを行っており、その成果報告を本ページで公開しております。

2015年度研究活動

2015年3月アリストテレスシンポ

全体シンポジウム

 「22世紀の世界哲学に向けて」(2015年10月10日)

第1ユニット

研究会報告

シンポジウム

「比較思想学会との共催シンポジウム」(2015年6月13日)

国際井上円了学会第4回学術大会(2015年9月13日)

共同研究

「東国大学校仏教大学共同セミナー第3回」(2015年7月11日)

ワークショップ

「江戸期における漢学者たちの人間観の特色」(2015年8月26日)

 

2014年度の研究活動報告はこちら

2013年度の研究活動報告はこちら

2012年度の研究活動報告はこちら

2011年度の研究活動報告はこちら

第2ユニット

研究会報告

ポスト福島の哲学」研究会「自然災害と予知不可能な死(2015年7月7日)

方法論研究会「『種の論理』の可能性」(2015年8月1日)

「ポストフクシマの哲学」講演会「フィードバックと生体系、コンティンジェンシー、リスクと贈与」(2015年11月14日)

シンポジウム

日仏合同研究会「デカルト:形而上学の道徳」(2015年9月19日)

連続研究会

「哲学史のドクサを問う―〈合理論と経験論〉の再検討―」

「現象学の方法論および学問論」

2014年度の研究活動報告はこちら

2013年度の研究活動報告はこちら

2012年度の研究活動報告はこちら

2011年度の研究活動報告はこちら

第3ユニット

研究会報告

「『新実在論』研究会」(2015年5月23日)

「第3ユニット連続研究会「多文化共生を考える」(第3回、第4回、第5回)活動報告」

出張報告

「国際サンスクリット会議参加、及び、タイ・ダンマカーイとの多文化共生共同研究」(2015年6月26日~7月3日)

「イランとの共同研究ならびに多文化共生現地調査」(2015年9月11日~18日)

シンポジウム報告

「多元的価値社会と徳倫理再生の試み―多元的価値観に基づく社会で、共通の徳、倫理的規範を考えることは可能か?-」(2015年6月20日)

「シェリングシンポジウム」(2015年8月1日)

第2回瞑想シンポジウム「精神性に与える瞑想の効果」(2015年10月3日)

国際シンポジウム「グローバル化時代の哲学」(2015年12月11日)

2014年度の研究活動報告はこちら

2013年度の研究活動報告はこちら

2012年度の研究活動報告はこちら

2011年度の研究活動報告はこちら