1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. 国際哲学研究センター
  5. 連続研究会「明治期における人間観と世界観」
MENU CLOSE

連続研究会「明治期における人間観と世界観」

  • English
  • 日本語

連続研究会「明治期における人間観と世界観」

趣旨

 国際哲学研究センター第1ユニットは、学祖井上円了の思想の解明と日本近現代哲学の独創性の探究とを二つの柱として研究を進めてきた。今までに多方面から種々の視点が提示され、研究は大きな広がりをもった。ここで一度、集約を試みる意味で三本めの柱として「明治期における人間観と世界観」というテーマを掲げ、一つのテーマを多方面から考察してみたい。
 明治期の思想は、江戸期からの連続性を保持しつつも、西洋思想の受容を通して新たな展開を示した。この二点に留意しつつ、様々な知の形成の基盤をなす人間観と世界観に注目することによって、明治期の思想の深層を明らかにすることを目指す。

研究会の予定

これまでの研究会

第1回

題目:表現の倫理―仏教哲学における非二元論の現代哲学への適用
講演者:ゲレオン・コプフ客員研究員
日時:5月14日(水)16時30分~18時00分
場所:東洋大学白山キャンパス9号館2階第4会議室
報告:http://www.toyo.ac.jp/site/ircp/50776.html

第2回

題目:心学の変身 ―西田幾多郎の「修養」と「研究」、夏目漱石「こころ」の苦悩―
講演者:吉田公平客員研究員
日時:6月11日(水)16時30分~18時00分
場所:東洋大学白山キャンパス8号館中2階第2会議室
報告:http://www.toyo.ac.jp/site/ircp/50779.html

第3回

題目:梵暦運動史の研究―19世紀の日本における仏教科学の展開―
講演者:岡田正彦客員研究員(天理大学教授)
日時:7月9日(水)16時00分~18時00分
場所:東洋大学白山キャンパス5号館3階5309教室
報告:http://www.toyo.ac.jp/site/ircp/54729.html

第4回

題目:明治期と自然災害
講演者:出野尚紀客員研究員
日時:10月8日(水)16時30分~18時00分
場所:東洋大学白山キャンパス8号館中2階第2会議室
報告:http://www.toyo.ac.jp/site/ircp/27093.html

第5回

題目:西田幾多郎『善の研究』の人間観と世界観
講演者:白井雅人研究助手
日時:11月12日(水)16時30分~18時00分
場所:東洋大学白山キャンパス5号館3階5303教室
報告:http://www.toyo.ac.jp/site/ircp/60064.html

第6回

題目:「『美学』の受容にみる明治期における人間観・世界観」
    「日本近世の仏伝に見る日本人の人間観―『釈迦如来誕生会』と『釈迦御一代記図会』―」
講演者:相楽勉研究員、 岩井昌悟研究員
日時:12月10日(水)16時00分~19時00分
場所:東洋大学白山キャンパス5号館3階5303教室
報告:http://www.toyo.ac.jp/site/ircp/61775.html

第7回

題目: 「釈迦仏からゴータマ・ブッダへ ―釈迦信仰の思想史」
講演者:西村玲客員研究員
日時:2015年1月14日(水)16時30分~18時00分
場所:東洋大学白山キャンパス2号館3階第1会議室
報告:http://www.toyo.ac.jp/site/ircp/62896.html

第8回

題目:日本近代における伝統の「発見」―井上円了の『仏教活論序論』
講演者:三浦節夫 研究員
日時:2月18日(水)16時30分~18時00分
場所:東洋大学白山キャンパス1号館3階1312教室
報告:http://www.toyo.ac.jp/site/ircp/68753.html

第9回

題目:大西祝と『良心起原論』
講演者:小坂国継 客員研究員
日時:2月25日(水)16時30分~18時00分
場所:東洋大学白山キャンパス6号館1階第3会議室
報告:http://www.toyo.ac.jp/site/ircp/68757.html

第10回

題目:「西周の『生性劄記』に見える陽明学批判について」
講演者:小路口聡 研究員
日時:3月13日(金)16時30分~18時00分
場所:東洋大学白山キャンパス6号館4階6409教室
報告:http://www.toyo.ac.jp/site/ircp/68795.html