1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. 国際哲学研究センター
  5. 東洋大学国際哲学研究センター 連続研究会「近世哲学への新視点」第1回
MENU CLOSE

東洋大学国際哲学研究センター 連続研究会「近世哲学への新視点」第1回

  • English
  • 日本語

東洋大学国際哲学研究センターでは、連続研究会「近世哲学への新視点」の第1回目を2017年10月14日(土)に開催いたします。

聴講無料、事前申込不要ですので、どうぞ奮ってご参加ください。

詳細については下記をご参照ください。

ポスター

ポスターはこちらから [PDFファイル/611KB]

国際哲学研究センター(IRCP)主催連続研究会
「近世哲学への新視点」第1回

日時:2017年10月14日(土) 14時~17時
会場:6404教室(東洋大学白山キャンパス6号館4階)

笠松和也(東京大学大学院人文社会系研究科博士課程)
「『政治論』のテクスト校訂と訳注の問題」

寅野遼(東洋大学大学院文学研究科博士課程)
「経験と最も調和するもの――スピノザ『政治論』後半部をどう読むか」

星川竜之介(千葉大学大学院人文公共学府博士課程)
「スピノザは社会契約論者なのか――日本の政治思想史研究の側面から」

※聴講無料/申込不要

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)