1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. 国際哲学研究センター
  5. 東洋大学国際哲学研究センター ワークショップ「文学はどう見られていたか――古代・中世・近代の変遷」
MENU CLOSE

東洋大学国際哲学研究センター ワークショップ「文学はどう見られていたか――古代・中世・近代の変遷」

  • English
  • 日本語

東洋大学国際哲学研究センターでは、ワークショップ「文学はどう見られていたか――古代・中世・近代の変遷」を2017年9月30日(土)に開催いたします。

聴講無料、事前申込不要ですので、どうぞ奮ってご参加ください。

詳細については下記をご参照ください。

ポスター

ポスターはこちらから [PDFファイル/392KB]

2017年度 国際哲学研究センター ワークショップ
「文学はどう見られていたか――古代・中世・近代の変遷」

日時:2017年9月30日(土)13時00分~17時00分
場所:東洋大学白山キャンパス2号館16階スカイホール

プログラム
13時00分開会挨拶三重野 清顕(東洋大学 准教授・国際哲学研究センター研究員)
13時05分【提題 1】[古代]
 「哲学と詩の争い――プラトンにおける模倣概念と文芸論」
田中 一孝(桜美林大学 准教授)
14時05分【提題 2】[中世]
 「中世イギリス文学における《ロマンス》と自国語意識――アーサー王物語を中心に」
岡本 広毅(立命館大学 准教授)
15時05分【提題 3】[近代]
 「人間の自由はいかにして実現可能か?――シェリング芸術哲学から見たギリシア悲劇の示す第三の道」
八幡 さくら(東京大学 特任研究員)
15時55分休憩 
16時10分提題者間での質疑応答
[司会]坂本 邦暢(東洋大学 助教・国際哲学研究センター研究員)
16時35分フロア・ディスカッション
[司会]坂本 邦暢(東洋大学 助教・国際哲学研究センター研究員)
16時55分

閉会挨拶

辻内 宣博(東洋大学 准教授・国際哲学研究センター研究員)

※聴講無料/申込不要

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)