1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 研究所・センター
  4. 国際哲学研究センター
  5. 東洋大学国際哲学研究センター 研究会「現代アジアにおける聖者崇拝の諸相」
MENU CLOSE

東洋大学国際哲学研究センター 研究会「現代アジアにおける聖者崇拝の諸相」

  • English
  • 日本語

東洋大学国際哲学研究センターでは、「現代アジアにおける聖者崇拝の諸相」第一回研究会と共催で「南アジア思想・文化」研究会 第1回を2017年9月9日(土)に開催いたします。

聴講無料、事前申込不要ですので、どうぞ奮ってご参加ください。

詳細については下記をご参照ください。

ポスター

ポスターはこちらから [PDFファイル/437KB]

「現代アジアにおける聖者崇拝の諸相」第一回研究会
共催 東洋大学国際哲学研究センター「南アジア思想・文化」研究会 第1回

日時:2017年9月9日(土)13時30分~18時00分
場所:東洋大学白山キャンパス9号館2階第4会議室

プログラム
 開会の辞宮本久義
13時30分趣旨説明井田克征「聖者と社会:群衆に向かって開かれること」
13時45分セッションA)中世東アジアにおける聖者信仰の形成
  佐々木聡「中国古代の聖人と奇瑞」
  久留島元「中世日本の「聖」像:一遍聖をめぐる聖視と忌避」
  コメント&ディスカッション
15時15分セッションB)現代イスラーム社会における聖者
  拓徹「20世紀カシミールの生ける聖者たち:モダニティー、スーフィズム、セキュラリズムの政治」
  高尾賢一郎「現代シリアの聖者像:イスラーム法学者アフマド・クフターローを事例に」
  コメント&ディスカッション
 

閉会の辞

宮本久義「閉会の辞にかえて―全体のコメント」

※聴講無料/申込不要

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)