1. トップページ
  2. International Exchange//国際交流
  3. 国際教育センター
  4. ランゲージセンター CW&SAW
MENU CLOSE

ランゲージセンター CW&SAW

  • English
  • 日本語

コンファレンスライティング(Conference Writing)
スペシャルアカデミックライティング(Special Academic Writing)

CWコンファレンスライティングとスペシャルアカデミックライティングは、2週間に1回決められたスケジュールで受講する1回30分×6回のライティング個別指導プログラムです。

どちらも春学期と秋学期に受講生を募集し、申込時の希望に基づいて受講スケジュールと担当講師を決定します。受講料は不要ですが、受講するためには一定のTOEICスコア基準を満たしていることが条件です。どちらも出席、課題提出が求められ、講座終了後に評価が付与されます。(単位は付与されません)

個別指導のため、確実にスキルを身に付けることができ、毎回講師との会話も楽しいと好評です。

開講時期

春学期(4月上旬募集開始)、秋学期(9月上旬募集開始)

講座概要

 コンファレンスライティング
Conference Writing(CW)
スペシャルアカデミックライティング
Special Academic Writing (SAW[ソウ])
回数1回30分×6回1回30分×6回
対象全学部生全学部生・大学院
新規申込条件TOEICスコア基準を満たした1~3年
(ただし1年生の春学期は更に高い基準を満たしている学生のみ)
継続受講できるのは4年生春学期まで

TOEICスコア基準を満たした全学部生・大学院生(学年は問わない)

学習目的論文を英語で書くために必要なアカデミックライティングスキルを身に付ける。アカデミックライティングを含む各種英文ライティングの基礎を学ぶ。
(指導例: エッセイライティング、カバーレター、ビジネスレター、Personal Statementなど)
カリキュラム"Modules"と"Journals"の2つのプログラムから構成される。 "Modules"には6つの段階があり、1学期に1つのModuleを学習する継続型プログラム。受講生の所属やライティング学習歴、英語力、受講目的に応じて指導内容が決定する1回完結型のプログラム。(希望者は継続して受講することも可能)
お薦め特に海外留学や卒業論文、学術論文を英語で書くことを目指す学生交換留学が決まった学生で、CWを受講していない学生。将来英語を使って仕事をしたいと考えている学生。海外プログラムに出願、論文を学術誌に寄稿したいなど英文ライティングが必要になる学生。

開講スケジュール

2017年秋学期の募集は締め切りました。
今後のスケジュールは随時ToyoNet-Aceをご確認ください。

活動報告一覧

2017年度春学期の活動報告

2016年度春学期の活動報告

2015年度春学期の活動報告

2014年度秋学期の活動報告

2014年度春学期の活動報告

2013年度秋学期の活動報告

2013年度春学期の活動報告