MENU CLOSE

インターンシップの概要

  • English
  • 日本語

インターンシップとは

インターンシップの定義は「学生が在学中に自らの専攻、将来のキャリアに関連した就業体験を行うこと」としており、東洋大学では、さまざまな種類のインターンシップを提供しています。インターンシップを通して、企業や官公庁などの実際の現場で就業体験をして、自分の専攻や将来のキャリアに関連した就業体験により、多くの気づきを得られます。

インターンシップへの応募方法

春休みを利用する場合は、12月~2月ごろに、夏休みを利用する場合は4月~6月ごろに募集されることが多いようです。企業によっては、随時募集をしているところもあります。企業のホームページやインターンシップをコーディネートしてくれる団体、各キャンパスの就職支援室から情報を入手できます。希望する企業のインターンシップ情報は、くれぐれも逃さないように各自企業ホームページをこまめに確認してください。 

 (1)単位認定(正課内) 所定の条件を得ることで科目(単位)認定されるもの
 (2)単位認定外(正課外) 科目認定されないもので、大学での掲示等にて応募、自己開拓をして参加するもの

インターンシッププログラムの内容について

 インターンシッププログラムの内容にはさまざまな種類があります。
 (1)共同研究型 大学の研究室などとの共同研究を行う
 (2)実践型 学生を即戦力として扱う
 (3)研修型 研修的な要素が強い
 (4)体験型 実際の仕事を体験させる
 (5)見学型 働かせるというよりは、仕事を見学させる
 (6)セミナー型 セミナー形式で、共同作業をさせる