MENU CLOSE

Educational Goal//教育研究上の目的

  • English
  • 日本語

What kind of human resources are cultivated?

At INIAD, computer science education including programming is a base for all the courses. We will aim at cultivating the human resources equipped with the networking literacy such as "manager" human resources who can start a new business, "coordinator" human resources who can build a new public sector wing as a system, and human resources who can embody a new product and new information service from both sides of technology and the design. They are the core human resources who can cause networking innovation.

Educational Goal for what kind of abilities are acquired

Students will obtain ready-to-use abilities for the society by practicing a project-style education for solving problems as a team, planning for the networking ability education, as well as promoting the educational cooperation with enterprises. In addition to possessing a professional knowledge on ICT, a project management ability, an ability to plan, negotiate, persuade and deal quickly, as well, we will undertake networking to establish methodologies and systems for the efficient yet high level of education through out undergraduate and graduate levels.

人材の養成に関する目的

コンピュータ・サイエンス教育を基盤とし、チームを組んで、コンピュータを使いこなし、情報を通して連携し、素早くアイデアを形にできるような人材を養成する。
プログラミングを含むコンピュータ・サイエンスの教育をすべてのコースの基盤とし、新しいビジネスを構築できるマネージャー人材、新しい公共をシステムとして構築できるコーディネーター人材、新しい製品と新しい情報サービスを技術とデザインの両面から具体化できる人材など連携イノベーションを起こせる中核人材を養成する。

学生に修得させるべき能力等の教育目標

学生に対し、以下の能力や素養を修得させることを教育目標とする。
一人でゼロから始めるのではなく、様々な人々とシステムを連携させ、情報分野の専門スキル、グローバルなコミュニケーション能力、チームで課題解決する能力を修得させる。
多様な専門と能力を持つ人々の連携によって、新しいサービスやイノベーションの実現が初めて可能となる。連携を実現する能力を持たせるため、情報連携エンジニアリング、情報連携デザイン、情報連携ビジネス、情報連携シビルシステムの4つのコースにおいて、情報科学および応用分野の基礎を学ぶとともに、コース横断的なチームで問題解決に当たるプロジェクト型の教育を重視し、「連携」の実務と効果を実体験させる。プログラミング力を育成するとともにプロジェクトマネジメント力、企画力、交渉力、説得力、迅速性などの能力を修得させる。英語教育を強化して、留学生を含むチームでの英語によるプレゼンテーションやディベートを進め、国際的なコミュニケーション力を修得させる。