1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 情報連携学部 情報連携学科
  5. Information Networking Digital Design Course//情報連携デザイン・コース
MENU CLOSE

Information Networking Digital Design Course//情報連携デザイン・コース

  • English
  • 日本語

Students acquire the skill to support networking from the viewpoint of designing and giving shape to new information services and products.

 

Developing human resources that can give shape to future information services and products

Attractive designs bolster the appeal of websites and various industrial products.
In the Information Networking Digital Design Course, students acquire a wealth of design knowledge and learn practical skills for creating unique designs. They also acquire the skill to give shape to future information services and industrial products.

Design by making full use of computers

Today, manufacturing is inseparable from computers.
Rapid prototyping, i.e., creating a design using 3D CAD and other tools and transforming it into a tangible object quickly by 3D printers and laser-based manufacturing machines, is attracting much attention.
In the Information Networking Digital Design Course, students focus on two areas: “digital design,” which covers manufacturing by making full use of computers, and “user experience design,” which deals with interactions between humans and computers. The course aims to nurture highly talented people who make full use of computers to give shape to new ideas in the shortest time possible.

Career paths

Web designers and industrial designers

デザイン面から連携を支え、 新しい情報サービスや製品を 具体化できる力をつける

 

未来の情報サービスや製品を具体化 できる人材の育成

人を惹きつけるWeb サイトや様々な工業製品、それは 魅力的な「デザイン」が支えています。
情報連携デザイン・コースでは、デザインに関する様々な 知識と、それを実現する実践的なスキルを学び、未来の 情報サービスや工業製品を具体化する能力を身につける ことができます。

コンピュータを フル活用したデザインへ

現在のモノづくりは、コンピュータと切り離すことはでき ません。
3D CAD 等を利用して設計し、3Dプリンタ、レーザー加 工器を活用して、すぐに形にする「ラピッド・プロトタイ ピング」が、注目を集めています。
情報連携デザイン・コースでは、特にコンピュータを駆 使したモノづくりを扱う「デジタル・デザイン」と、人と コンピュータの関わりを扱う「ユーザ・エクスペリエンス・ デザイン」の2分野を中心に学び、コンピュータをフル活用 して、新しいアイデアをどんどん形にできる人材の輩出を 目指しています。

卒業後の進路

Webデザイナ/インダストリアル・デザイナ