1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 情報連携学部 情報連携学科
  5. Information Networking Computer Science & Engineering Course//情報連携エンジニアリング・コース
MENU CLOSE

Information Networking Computer Science & Engineering Course//情報連携エンジニアリング・コース

  • English
  • 日本語

Students acquire the skill to support networking technically and implement new information services.

 

Nurturing human resources for designing state-of-the-art information systems that underpin society

Today, we can access all kinds of information from all over the world anywhere at any time through PCs and smartphones. This was inconceivable until about 10 years ago. The age of the IoT (Internet of Things) is soon to come. Then everything in the world will be networked.
Supporting such highly computerized society is computer science.
In the Information Networking Computer Science & Engineering Course, students acquire advanced knowledge in computer science, which enable them to develop state-of-the-art information systems that underpin the future society.

Based on a world-standard curriculum

All classes in the Information Networking Computer Science & Engineering Course are based on a world-standard curriculum developed by two international engineering and academic societies, IEEE and ACM.
This curriculum allows students to acquire advanced knowledge of computers that is useful anywhere in the world, with emphasis on two research areas: “advanced computer architecture,” and “computer network,” which represents communications technology in the new age.
The Information Networking Computer Science & Engineering Course aims to nurture highly skilled engineers who are one step ahead of those only with standard programming skill, and who can create next-generation information systems on their own.

Career paths

Network system developers, system engineers, programmers and researchers

技術面から連携を支え新しい情報サービスを具体化できる力をつける

 

社会を支える最先端の情報システムを構築できる人材の育成

いま私たちは、PCやスマートフォンで、いつでもどこでも、世界中のあらゆる情報を得る事ができます。これは、ほんの10 年前までは考えられない事でした。そして間も無く、世界中のあらゆるモノがネットワーク化する、IoT(Internet of Things)の時代がやってきます。
こういった高度に情報化した社会を支えているのが、コンピュータ・サイエンスです。
エンジニアリング・コースでは、このような社会を支える最先端の情報システムを構築できる、高度なコンピュータ・サイエンスのスキルを身につける事ができます。

世界標準のカリキュラムへの準拠

エンジニアリング・コースは、IEEE/ACMという国際的な学会が中心となり作成した、世界標準のカリキュラムに準拠しています。
革新的コンピュータ「コンピュータ・アーキテクチャ」、新しい時代の通信技術「コンピュータ・ネットワーク」という2 つの研究分野を中心に、世界中のどこに行っても通用する高度なコンピュータの知識を身につける事ができます。
標準的なプログラミング技術を習得した人材とは一線を画し、次世代の情報システムを自ら創り出す、そんな高度なエンジニアの輩出を目指しています。

卒業後の進路

開発者/システム・エンジニア/プログラマ/研究者