1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 情報連携学部 情報連携学科
  5. Education Policies of INIAD(Faculty of Information Networking for Innovation and Design)//情報連携学部の教育方針(ポリシー)
MENU CLOSE

Education Policies of INIAD(Faculty of Information Networking for Innovation and Design)//情報連携学部の教育方針(ポリシー)

  • English
  • 日本語

Admissions Policy

The Faculty of Information Networking for Innovation and Design (INIAD) seeks students who:

  1. Embrace the changes that information and communications technologies are bringing to our society, appreciate living in an interconnected world, and have the interest and ambition to engage in such developments;
  2. Accept the diversity of society such as various values, interests, and nationalities, and can recognize and enhance their own value to society through interaction with others;
  3. Can relentlessly pursue matters with a positive attitude, without fear of failure.

Curriculum Policy

  1. During the first year, lectures and exercises will be held for all students so that they can gain proficiency in the basics of computer science as a common infrastructure supporting society, and the skills necessary to communicate with people around the world.
  2. From the second year, in order to nurture talent who can contribute to social innovation through information and communication technologies, lectures for acquisition of high levels of knowledge and exercises for practical skills will be held for students in their selected area of specialized study: engineering, design, business or civil systems.
  3. Emphasis is placed on project-based exercises where students seek solutions to problems through teamwork. In particular, in the third year, a long-term interdisciplinary exercise in forming a startup will give students hands-on understanding of the possibilities that lie in working with people from different areas of specialty.
  4. In the fourth year, students will engage in senior research under a professor to learn about the latest research in their specialized field.
  5. A basic education program will be provided throughout the students’ time in the university so that they can gain broad knowledge grounded in philosophy, the founding spirit of Toyo University.

Diploma Policy

 The Faculty of Information Networking for Innovation and Design will award a bachelor’s degree to students who meet the designated requirements in term and credits and have acquired the following competencies:

  1. Basic knowledge and skills in computer science as a common infrastructure supporting society, and the skills to communicate with people around the world;
  2. Specialized knowledge and practical skills in engineering, design, business, or civil systems;
  3. Experience and skills in working as a team with those with different fields of expertise, identifying social issues, and contributing to solving such issues through one’s expertise.

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

  1. 情報通信技術が社会を変えていくこと、ネット社会で生活することに共感し、そのことに自身が関わることに興味と意欲をもつ人材を求める。
  2. 様々な価値観や興味、生まれ持った国籍など、社会にある多様性を認め、他者との関わりの中で、自分の存在価値を認め、また高められる人材を求める。
  3. 失敗を恐れず、何にでも前向きに何回でも取り組める人材を求める。

 

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

  1. 1年次おいて、全学生を対象に、社会を支える共通基盤としてのコンピュータ・サイエンスの基礎と、世界各国の人々とのコミュニケーション能力を身につけるための講義および演習を実施する。
  2. 2年次以降において、情報通信技術による社会イノベーションの一端を担える人材となるために、学生が選択するエンジニアリング、デザイン、ビジネス、シビルシステムいずれかの専門分野について、高度な知識を身につけるための講義と、実践的スキルを身につけるための演習を実施する。
  3. チームで問題解決にあたるプロジェクト型の実習を重視する。特に、3年次においては、自分と異なる専門性をもつ人間との連携がもつ可能性を実践的に学ぶために、コース横断で長期にわたるスタートアップ型の実習を実施する。
  4. 4年次においては、身につけた専門分野における研究の最先端を知るために、教員の研究室において卒業研究を実施する。
  5. 在学期間を通じて、本学の伝統である哲学等を基盤にもつ様々な教養を身につけることができるように、基盤教育科目を実施する。

 

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学部で、以下を身に付け、所定の年限・単位数を満たした者には学士の学位を授与する。

  1.  社会を支える共通基盤としてのコンピュータ・サイエンスの基礎的な知識とスキル、世界各国の人々とのコミュニケーション能力を身につけている。
  2. エンジニアリング、デザイン、ビジネス、シビルシステムいずれかについて、専門知識と実践的スキルを身につけている。
  3. 自分と異なる専門性を持つ人間とチームを組み、社会における課題を発見し、その解決に自分の専門性により貢献する能力と経験を身に付けている。