MENU CLOSE

日本語パートナーズ

  • English
  • 日本語

日本語パートナーズ

タイへ派遣中の藥師寺 美穂さん(大学院・日本文学文化専攻)が

国際交流基金「“日本語パートナーズ”の一日(タイ編) 」で紹介されました!

https://www.youtube.com/watch?v=nkeaoNkZkyo

1


プログラムの特徴

〈日本語パートナーズ〉

約6~11ヶ月間、東南アジア(ASEAN諸国)に滞在し、各種教育機関の日本語教師や生徒の補佐、現地の人々への日本の文化紹介などを行うプログラムです。約1ヶ月間の派遣前研修では、現地の言語や教授法などを学びます。なお、実施主体は、独立行政法人国際交流基金です。

詳細は、http://jfac.jp/partners/overview/(国際交流基金ホームページ)もあわせてご参照ください。

 

〈日本語パートナーズ大学推薦プログラム〉

日本語パートナーズ大学推薦プログラムは、独立行政法人国際交流基金と協定を締結した大学が学内で独自に選考を行い、候補者を国際交流基金に推薦するプログラムです。

3


派遣先・派遣期間

東南アジア(ASEAN諸国)・約6~11ヶ月間(派遣国等により変動)

写真1

 

 

 

 

 


募集・出願

年1回(春学期中)募集します。詳細は募集要項を確認の上、ご応募ください。

★募集要項

  2018年度日本語パートナーズ募集要項 [PDFファイル/318KB]

★参加費用

渡航にあたっての往復航空券、現地での住居および滞在費等が支給されます。

詳細は、以下ファイル「派遣学生の待遇」をご参照ください。

  派遣学生の待遇 [PDFファイル/105KB]

2


その他(参加者の声)

・日本語パートナーズ インタビュー(国際地域学部ホームページ)

 http://www.toyo.ac.jp/site/rds-global/101643.html

・日本語パートナーズ パートナーズの声(国際交流基金ホームページ)

 http://jfac.jp/partners/voice/ 写真2

 

・経験者&現地の先生、生徒からの応援メッセージ(国際交流基金ホームページ)

 http://partners2016.jfac.jp/

・「日経カレッジカフェ」記事(2016年度国際地域学部4年佐藤侑大さん)

 http://college.nikkei.co.jp/article/80263620.html

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)