認定留学【2016年4月 募集要項更新】

  • English
  • 日本語

認定留学プログラム

★2016年度版の募集要項を掲載しました★

主な変更点:

①2年制の大学への留学も認定留学として認められるようになりました。

②出願資格に「TOEFL ITP460(TOEFL iBT48)点あるいはそれと同等の英語力がある者」が追加されました。

  ※その他の言語は英語の基準に順ずる。

プログラムの特徴

個人で、あるいは、留学推進団体等を利用し、学位授与権のある大学・大学院(語学学校、専門学校等は不可)へ留学することがすでに決定した学生(留学先大学から入学許可書を取得している学生)を対象としたプログラムです。

認定留学制度を利用して留学する場合、原則として全ての手続き(出願、受入許可書の取得、滞在先の手配等)を各自で行うことになります。あるいは、留学支援団体等を利用することも可能です。

学籍や単位認定については、交換留学の学生と同様の扱いになります。留学先の授業料は自己負担となります。

学籍

本プログラム参加中の学籍は、「在学」です。

※留学期間中も、在学年数に算入されます。

 

単位認定

留学先機関で修得した単位を、東洋大学の卒業単位として認定の申請が可能です。

※単位認定の条件は、所属学部・研究科により異なりますので、所属の教務担当課にお問い合わせください。

 

奨学金

東洋大学認定留学奨学金、東洋大学海外留学促進奨学金アクティブ型が対象です。詳細は、こちらをご確認ください。

 

留学期間

1学期間あるいは1学年間です。

 

留学先機関での履修内容

留学先機関に直接ご確認ください。ただし、学位授与権のある大学・大学院(語学学校、専門学校等は不可)で正規課程を履修することが原則です。語学学校のみへの留学は、認定留学として認められませんのでご注意ください(第1セメスターに語学学校の授業を履修し、第2セメスターに正規課程の授業を履修する場合は申請可)。

 

募集・出願

留学開始時期によって申請期日が異なるのでご注意ください。

 留学開始時期申請期日(※)募集要項
(出願資格・申請方法等)
出願書類
春(2~3月)出発留学開始の前年の11月15日まで認定留学募集要項  [PDFファイル/136KB]・出願書式Wordファイル [Wordファイル/288KB]PDFファイル [PDFファイル/387KB]
秋(8~9月)出発留学開始の年の4月15日まで
その他上記以外留学開始日(出発日)の5ヶ月前まで
(例:5月1日に出発する場合は、前年の12月1日が申請期日となる。)

※申請期日が、国際センター閉室日の場合は、翌開室日を申請期日とする。

 

費用

留学期間中、東洋大学の納付金と留学先機関の学費の両方を納入する必要があります。また、その他留学に係る費用(渡航費、本学指定の海外旅行保険料、滞在費、生活費、食費、教材費等)は全て自己負担となります。費用については、留学先機関に直接ご確認ください。

 

留学推進団体

本プログラムを利用して留学する場合、原則として全ての手続き(出願、受入許可書の取得、滞在先の手配等)を各自で行う必要があります。あるいは、留学推進団体等を利用することも可能です。

SAFおよびJSAF日新航空サービスは、本学が提携を結ぶ留学支援団体です。個人で留学手続きを行う場合に比べ、留学手続きをスムーズに行えます。

※各推進団体で取り扱っているプログラムは、本学主催ではありませんので、自己責任の上、ご参加ください。

※休学して留学する場合にも利用可能です。

※上記以外の団体を利用した場合でも、認定留学の申請が可能です。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)