MENU CLOSE

海外インターンシップ・ボランティア

  • English
  • 日本語

期間や内容に応じ、プログラムには短期長期の二種類があります。

 

海外インターンシップ・ボランティア (短期プログラム)

プログラムの特徴

本学の夏季・春季休暇期間中に実施される、2~6週間の海外インターンシップ・ボランティアプログラムです。
世界の企業でグローバルに活躍するための英語力・異文化理解力・社会人マナーなどの社会人基礎力を身に付けることを目的としています。
プログラム内容は大学と専門企業が協同で企画・立案を行い、企業でのインターンシップから、フードバンクやシニアセンター、幼児教育施設などで行うボランティア活動まで、様々な国と地域で実施します。 

写真

学籍

本プログラム参加中の学籍は「在学」です。

※海外研修期間中も在学年数に算入されます。

単位認定

単位認定・履修登録対象プログラムです。

※詳しくは申込前に所属学部教務担当窓口へお問合せください。

奨学金

・海外留学促進学金「チャレンジ型」対象です(給付型)。
 詳細はこちらをご確認ください。
・JASSO平成30年度海外留学支援制度学金対象です(給付型・選抜制)。
 JASSOが定める成績基準等に応じ、6月上旬に国際教育センターにて受給者を選抜します。

募集・参加申込

年2回(夏季:4月、春季:10月)、参加者を募集します。

詳細は、各コースパンフレットを確認してください。

時期研修先国募集スケジュール各コース詳細
夏季

米国
オーストラリア
カナダ
ニュージーランド
フィリピン

募集ガイダンス
4月20日(金)、25日(水)・・・全体概要説明会
4月28日(土)、5月8日(火)・・・個別相談会


申込受付:
5月10日(木)~5月下旬
※コースにより締切日は異なります。
※グレイシャー国立公園ホテルインターンシップは
 4月1日より受付開始。

2018年度夏季パンフレット

春季米国
カナダ
オーストラリア
ニュージーランド
フィリピン 
※2017年度春季実施国   
募集ガイダンス:
10月中旬予定

申込受付:
11月予定

10月上旬公開予定

 

 
  【海外インターンシップ・ボランティアプログラム申込手順】
   海外インターンシップ・ボランティアプログラム申込手順 [PDFファイル/156KB]

  【志望理由書】
   志望理由書 [Wordファイル/17KB]
   ※志望理由書は必ずパソコン入力してください(手書き不可)。

 

体験談
 学生の体験談はコチラ

 

 

海外インターンシップ・ボランティア (長期プログラム)

国連ユースボランティア(UNYV)

プログラムの特徴

「国連ユースボランティア」とは、国連ボランティア計画(UNV)のコーディネートの下、日本国内の9大学から選出された大学生が、開発途上国の国連事務所や政府機関でユースボランティアとして活動するプログラムです。

選考試験に合格し、ユースボランティアとなった学生は、国内での事前研修を経て、UNVより指定された国へ派遣され約5カ月間業務に従事します。業務内容は派遣先により異なりますが、主に広報活動等の業務に携わりながら、高度なキャリア意識、リーダーシップ等を身に付けることが期待されています。

 

 

体験談
 学生の体験談はコチラ

※ウェブサイト「東洋大学 留学レポート」では、留学中または帰国した学生が現地での生活の様子や履修科目などについて詳しくまとめています(本学学生のみ閲覧可)

 

 

派遣国および派遣期間

フィジー・インドネシア・ベトナム・スリランカ・バルバドス・カンボジア・東ティモール・タイ・モザンビーク・ジンバブエ・ミャンマー・フィリピン・トリニダード・トバゴ・ラオス・サモア・エジプト・マラウイ

9月~2月(約5ヶ月間) 
※派遣国および派遣期間は年によって異なります。

出願

資格

  • 東洋大学の学部生であること。
  • 派遣される年の9月1日時点で20歳以上であること。
  • 英語でのコミュニケーションが問題なく行えること。(目安:TOEIC700以上)
  • 過去にボランティア経験や広報活動に従事した実績があること。

時期

下記スケジュール参照

方法

ToyoNet-Aceの「TOYO GLOBAL DIAMONDS(国際交流情報)」コースより申込(対象ユーザのみ閲覧可)

単位認定

学部により異なります。所属学部の教務担当課にご確認ください。

奨学金

給付あり(「海外留学促進奨学金「アクティブ型」)

プレエントリー2018年2月1日(木)まで →こちらから

 

募集要項:2018年度UNYV募集要項 [PDFファイル/141KB]

 

スケジュール(例年)

  • (12月~1月)説明会の開催

     ①12月22日(金)12:20~12:50 @白山キャンパス 6号館1階第3会議室

     ②1月15日(月)12:20~12:50 @白山キャンパス 1号館1312教室

     ※2018年度派遣希望の学生は必ず出席してください。

  • (2月1日)プレエントリー締切
  • (3月中旬)募集要項公開
  • (3月下旬~4月上旬)出願締切→学内選考
  • (4月中旬)学内候補者決定
  • (5月上旬~下旬)UNVによる選考→派遣者決定
  • (9月)渡航
  • (2月)帰国

    *スケジュールは変更になる可能性があります。

ワシントンセンター(TWC)

プログラムの特徴

ワシントンセンター(The Washingon Center、以下TWCという)は米国ワシントンDCに本拠を持ち、大学生向けのインターンシップを運営する専門機関です。TWCは1975年に設立され、アイビーリーグを含む米国主要大学の学生5万人以上に首都ワシントンにおけるインターンシップの機会を提供してきました。また、留学生にもインターンシップの機会を提供しており、適切な候補者にはJ-1ビザ申請をサポートし、海外からのインターン生には複数の奨学金を準備しています。参加学生は、ワシントンDC周辺の公的機関、NPO、企業などでの15週間の就労体験、夜間に実施される著名人によるアカデミックな授業を通じて国際的感覚を身に付け、将来のグローバルリーダーを育てるプログラムです。
(これまでは国際地域学部の学生のみ対象プログラムでしたが、2018年度より全学対象のプログラムとなります)

<参考>TWCのホームページ:http://www.twc.edu/

 

 

体験談
 学生の体験談はコチラ

※ウェブサイト「東洋大学 留学レポート」では、留学中または帰国した学生が現地での生活の様子や履修科目などについて詳しくまとめています(本学学生のみ閲覧可)

 

 

プログラムの概要

 
派遣先アメリカ・ワシントンD.C.
派遣期間

約4~10ヶ月間(1学期間/15週間の就労体験)

秋プログラム(8月下旬~12月上旬)

出願資格①本学の学部生で、参加時に18歳以上、学部2年生以上であること。
②TOEFL-ITP 550点(iBT80)程度の英語力があること。580点程度あることが望ましい。
③GPA3.0程度の学業成績があることが望ましい。
④目的を明確にした申請書などを提出し、書類審査、電話面接などを経て合格したもの。最低限のPCスキル(Word/Excel/PowerPoint)を有すること。
留学中の学籍学部により異なります。所属の教務担当窓口にご確認ください。
単位認定学部により異なります。所属の教務担当窓口にご確認ください。
奨学金給付あり。(海外留学促進奨学金「アクティブ型」)
プレエントリー2017年2月1日(木)まで → こちらから

 

過去のインターンシップ先

 ワシントンDC周辺の公的機関、NPO、企業など
○ 難民や移民として渡米してきた人達をサポートする非営利団体
○ Urban farming(アーバンファーミング)を行っているベンチャー企業
○ 航空業界
○ メディア業界(スタートアップ)

 

◆ スケジュール(例年)

□ 12月~1月 説明会の開催 

 

<秋プログラム>

□ 2月1日  プレエントリー締切 ➠ https://www.ace.toyo.ac.jp/ct/course_1324577_survey_2462413

□ 3月中旬 募集要項公開

□ 3月下旬~4月上旬 出願締切→学内選考

□ 4月中旬 学内候補者決定

□ 5月上旬 TWC本エントリー→面接→派遣者決定

□ 8月下旬 渡航

□ 12月中旬  帰国

 

Internship Application Program(IAP)

UNYV、TWCへ参加希望の学生に対し、ランゲージセンターで「Internship Application Program(IAP)」を1月25日(木)10:40~12:40に実施しました。

※UNYV, TWCエントリー後は選考に向けてランゲージセンター、教員、事務局で全面的にサポートします!

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)