1. トップページ
  2. International Exchange//国際交流
  3. 海外留学を希望する方へ
  4. 平成30年度後期(第9期)官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~の募集について(1/19更新)
MENU CLOSE

平成30年度後期(第9期)官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~の募集について(1/19更新)

  • English
  • 日本語

平成30年度後期(第9期)官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~の募集について(1/19更新)&現役トビタテ生からのメッセージ

文部科学省による海外留学支援制度の募集について、下記の通りご案内します。

 

平成30年度後期(第9期)官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~
募集要項を参照ください。
※ホームページ→ https://tobitate.jasso.go.jp/ 

申請に必要な

書類・データ

(1)学内応募用紙    [Wordファイル/31KB]
(2)家計状況調査票  [Excelファイル/37KB]
(3)日本学生支援機構の第二種奨学金に掲げる家計基準を満たしていることが確認できる書類
※源泉徴収票のコピー【平成29年分】 2月13日までに提出

 

(4)平成30年度(第9期)官民協働海外留学支援制度オンライン入力データ

1. 計画書
2. 自由記述申請書/顔写真(データ添付)
3. 留学先機関の受入れ許可証等、留学計画の実現性を証明できる文書等の写し
※申請時に既に用意できている場合のみ。審査の際に加点対象の書類となります。

【トビタテHPよりオンライン入力】

提出期間

平成29年12月7日(木) ~ 平成30年2月13日(火) 12時00分まで 

※ 提出期間外の受付は一切受付けませんので十分ご注意ください。

申請・

提出方法

1.提出書類(上記(1)~(3))

提出先:国際教育センター(白山キャンパス8号館1階)

    窓口開室時間内  ・月~金 9時30分-18時00分 ・土   9時30分-13時00分

提出方法:窓口持参

※原則、郵送での申請は受け付けません。

川越、朝霞、板倉、赤羽台キャンパスの学生で持参が難しい場合は、予めご連絡ください。

 

2.オンライン入力申請(上記(4))

》申請の流れ

(1) アカウントを作成!   上記トビタテHPより、ご自身でアカウントを作成して下さい。
(2)キーコードを取得!   アカウント登録に必要なキーコードをお知らせしますので、
                                        申請前に必ずmlryugaku@toyo.jpまで申請希望のご連絡をください。
(3)オンライン入力データの登録! ご自身のアカウントページに上記(4)データを入力、ならびに添付して下さい。

☆★応募書類作成の前に以下の手引きをダウンロードして参照のこと★☆

学内応募の手引き(東洋大学生用) [PDFファイル/232KB]

(日本学生支援機構の第二種奨学金の「家計基準」等確認してください)

 それ以外の質問について:トビタテ奨学金ホームページの問い合わせフォームにてお問い合わせください。
また、こちらに応募者の質問がまとめられています。随時更新されいますので定期的にホームページを確認することをお薦めします。

現役トビタテ生から、トビタテ奨学金に関心のある皆さんへのメッセージ!■

開田 岬(7期生)
国際地域学部 国際地域学科 3年

開田さん『あなたの最も愛するものは何ですか?』
こんにちは!環境教育を通じて海岸のゴミ問題に貢献するため、
現在アメリカに交換留学中で、その後にフィリピンで環境系NGOにてインターン予定のトビタテ7期の開田岬です。
なぜこんな質問をしたのかと言うと、愛するもの・好きな事って極めていけば、とんでもないパッションと行動力を生み出せるからです!
つまりトビタテる!私が最も愛しているのは『家族と海』です。
そしてこれらは私のトビタテ留学を計画する際の重要なルーツとなり、
今では現在の留学生活を支える、私のアツいパッションの源です。
これ読んでいるということは、何かしら心に引っかかるものがあるのではないでしょうか?
例えそうでなくても、まずは申請書類をゲットして自分の愛するものについて考えてみてください!
パッションのある人をトビタテは応援してくれます!

                                                    

 

 

 

 

【お問い合わせ】

国際教育センター mlryugaku@toyo.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)