1. トップページ
  2. International Exchange//国際交流
  3. 海外留学を希望する方へ
  4. 〔ランゲージセンター〕2016年度春学期の活動報告
MENU CLOSE

〔ランゲージセンター〕2016年度春学期の活動報告

  • English
  • 日本語

2016年度春学期の活動報告

各講座の概要はこちら

コンファレンスライティング

  • 開講日: 2016年4月22日~2016年7月15日
  • 開講場所: 白山・川越・朝霞・板倉キャンパス
  • 受講者数: 95名

スペシャルアカデミックライティング

  • 開講日: 2016年4月22日~2016年7月15日
  • 開講場所: 白山・川越・朝霞・板倉キャンパス
  • 受講者数: 55名

PSA(Pre-Study Abroad)プログラム

  • 開講日: 2016年8月1日~2016年8月5日
  • 開講場所: 白山キャンパス
  • 受講者数:
    - 2016年第2期交換留学・認定留学生 28名
    - 2016年秋協定校語学留学生 17名

【担当講師からのメッセージ】

Spring semester was an exciting time for the Language Center this year. In April, two new writing instructors joined our staff – Mr. Richie Gray and Miss Nathalie Ferare. Furthermore, Writing Consultation, Conference Writing, and Special Academic Writing were available to students at the Kawagoe, Itakura, and Asaka campuses for the first time, whereas these programs continued on the Hakusan campus for the fourth year.

In Writing Consultation, students with various needs came to the Language Center for writing assistance. The writing teachers helped students improve their study abroad and internship applications, presentations, and graduation theses. Practice for the IELTS speaking exam was also offered. Although each student had different needs, the tutors gave individualized advice to each one.

Sixty-five students learned how to write academic paragraphs and essays during the Conference Writing program this term. Students learned about a specific genre of writing and wrote an essay in that genre over a period of six lessons. They also wrote 10 journals to practice what they were learning in class. Students not only studied how to write paragraphs and essays, but they also learned the importance of editing and revising repeatedly in order to improve their writing. Module 1 students learned how to write narrative essays and stories; Module 2 students defined abstract concepts and ideas or explained the process of doing or making something; those in Module 3 studied how to compare and contrast ideas; in Module 4, pupils explained how something happened or what happened as a result of something else; Module 5 students read a news article, summarized it, and explained whether they agreed or disagreed with the point of view presented in the article; and Module 6 students learned how to make an argument and use sources to support that point of view.

Finally, students taking SAW for the first time practiced paragraph- and essay-writing and drafting. Each SAW participant produced 1-2 essays in the process. Many students who are now studying abroad took this course in order to prepare them for living and learning overseas, although some merely took SAW to improve their writing ability. Students continuing SAW worked on letters, personal statements, and other, more workplace-oriented writing tasks.

To end the term, two different five-day Pre-Study Abroad (PSA) workshops were offered simultaneously to students who wanted additional preparation before going to another country. Students planning to study abroad for a year learned how to organize a research paper and cite sources properly using American Psychological Association (APA) style; those going abroad for shorter programs learned how to deliver engaging, informative presentations and practiced giving them. Students who completed the PSA workshops found the programs useful and were able to gain confidence about living and learning in another country.

All in all, it was a very productive semester. Hopefully next term, even more students will come to the Language Center!

Nathalie Ferare(Language Center Instructor)


新年度を向かえ、ランゲージセンターには新たに2名の講師が加わりました。リチャード・グレイ講師とナタリー・フェラール講師です。ランゲージセンター開設4年目を迎える今年度より、白山キャンパスのみで開講していたランゲージセンターのプログラム(コンファレンスライティング、スペシャルアカデミックライティング、ライティング相談)を、川越、朝霞、板倉を加えた全4キャンパスで開講することになりました。

ライティング相談では、学生たちはインターンシップの出願書類、プレゼンテーション資料、卒業論文等、自分達が書いた文書について、よりよい文章にするためランゲージセンター講師に指導を求めることができます。今学期はIELTSテスト対策としてスピーキングの練習も行いました。ライティング相談ではそれぞれの学生のニーズに応じた指導を行っています。

コンファレンスライティングではアカデミックライティングを学びます。6回講座の中で、学習モジュール(学習ステージ)によりエッセイの書き方を学び、同時に学習内容の定着を図るため10本のジャーナルを提出します。受講生は繰り返し文章を校正し、精度の高いエッセイを完成させます。各モジュールで修得するライティングスキルは下記通りです。

【Modules(モジュール)】
Module 1: Narration/Description
Module 2: Definition/Process
Module 3: Comparative and Contrastive Analysis
Module 4: Cause and Effect Analysis/Classification
Module 5: Academic Essay: Argumentation/Problem and Solution
Module 6: Advanced Research Paper Writing

スペシャルアカデミックライティング(SAW)では、初めて受講する学生は初歩的なアカデミックライティングを学び、1~2本のエッセイを完成させました。特に交換留学に出発する学生は、その準備としてこのプログラムを受講しました。SAWを継続して受講した学生は、ビジネスレターや履歴書など就職に役立つライティング課題に取り組みました。

春学期の締めくくりとして、PSA(Pre-Study Abroad:長期留学出発直前対策講座)を開講し、交換留学・認定留学に出発する学生と協定校語学留学に出発する学生の2つのグループに分かれて実施しました。前者は留学先大学で必要となるリサーチペーパーの書き方、参考文献の取り扱い方など、APA(American Psychological Association)スタイルに則った論文の書き方の基礎を学びました。後者は日本の文化についてプレゼンテーションの準備、発表を行いました。PSAに参加した多くの学生は、講座が役に立ち留学に向けて自信がついたようです。

2016春学期も充実した学期となりました。来学期も多くの学生がランゲージセンターを利用してくれることを楽しみにしています!

ナタリー・フェラール(ランゲージセンター専従講師)