1. トップページ
  2. About Toyo University//東洋大学について
  3. 国際井上円了学会
  4. International Inoue Enryo Research//国際井上円了研究
MENU CLOSE

International Inoue Enryo Research//国際井上円了研究

  • English
  • 日本語

『国際井上円了研究』

International Inoue Enryo Research

Bilingual Open Access Journal

ISSN 2187-7459

 

   IIR Cover

Issue 1 (March 2013)

Issue 2 (March 2014)

Issue 3 (March 2015)

Issue 4 (March 2016)

Issue 5 (March 2017)

  

 

 

   Creative Commons License

   

Editorial Policy

Style Sheet

   

Call for Contributions

A leader of public opinion during the latter half of the Meiji period, Inoue Enryo was a key figure in three important processes of Japan's modern history of ideas: the establishment of academic philosophy, the emergence of modern Buddhism, and the permeation of the emperor ideology. Pursuing projects such as Mystery Studies, world travels, and the Temple Garden of Philosophy he stands out as a highly original individual. The journal invites papers on all aspects of Inoue Enryo's life and works. Criteria of acceptance are (A) correctness and novelty of historical research, or (B) validity or originality of the reconstruction, interpretation, or application of Inoue Enryo's philosophy.

Editorial Board

IWAI Shogo

SAGARA Tsutomu

Rainer SCHULZER

 『国際井上円了研究』 

International Inoue Enryo Research

Bilingual Open Access Journal

Issn 2187-7459

   クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

第1号

目次はhttp://www.toyo.ac.jp/site/iair/27041.html

各論文のダウンロードページはhttp://www.toyo.ac.jp/site/iair/publication-gakkai01.html

(2013年3月発行)


第2号

目次はhttp://www.toyo.ac.jp//site/iair/53293.html

各論文のダウンロードページはhttp://www.toyo.ac.jp/site/iair/50751.html

(2014年3月発行)


第3号

目次はhttp://www.toyo.ac.jp/site/iair/75239.html

各論文のダウンロードページはhttp://www.toyo.ac.jp/site/iair/69280.html

(2015年3月発行)


第4号

目次はhttp://www.toyo.ac.jp/site/iair/89954.html

各論文のダウンロードページはhttp://www.toyo.ac.jp/site/iair/89933.html

(2016年3月発行)


第5号

目次はhttp://www.toyo.ac.jp/site/iair/337393.html

各論文のダウンロードページはhttp://www.toyo.ac.jp/site/iair/337394.html

(2017年3月発行)


投稿規定 [PDFファイル/88KB]

執筆要綱 [PDFファイル/129KB]

編集委員会: 

岩井昌悟 (編集長)

相楽勉

Rainer Schulzer

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)