1. トップページ
  2. For Parental Guardians//保護者の方
  3. 東洋大学甫水会
  4. Origin of the name Hosuikai//甫水会の名称の由来

Origin of the name Hosuikai//甫水会の名称の由来

  • English
  • 日本語

写真:井上円了像

 

 

 

 

Toyo University renamed it to "Hosuikai" in 1994.

When the founder Mr. Enryo Inoue lectured on the whole country to ask for donation to establish Tetsugakukan (former Toyo University) and Tetsugakudo (Nakano-ku, Tokyo) construction, he wrote his appreciation in words. His pen name was 'Hosui' and this is where we adopted the name.

"Hosui" disperses the word used for his hometown "Echigo country, Nagaoka Nishigumi Uramura  (present Nagaoka-shi, Niigata)".

 

 

平成6年に東洋大学「甫水会」と改めました。

学祖井上円了先生が哲学館(東洋大学の前身)や哲学堂(東京都中野区)建設のための寄付金を求めて、全国を講演して歩かれた時、寄付を寄せられた人々にお礼として書を揮毫され、書の「雅号」に使用されていた「甫水」をいただき甫水会となりました。

 

「甫水」とは、学祖井上円了先生の出身地「越後の国、長岡西組浦村(現在の新潟県長岡市)」の「浦」を分散して、部首の「氵」(サンズイの「水」)と「甫」を組合わせて甫水という雅号として使用されていたものです。