1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. ライフデザイン学部
  5. 本学瓜生大輔助教、国際学会CHI 2016 “Honorable Mention” 賞を受賞
MENU CLOSE

本学瓜生大輔助教、国際学会CHI 2016 “Honorable Mention” 賞を受賞

  • English
  • 日本語

ライフデザイン学部人間環境デザイン学科 助教 瓜生大輔
国際学会CHI 2016にて“Honorable Mention”賞を受賞

ヒューマン・コンピューター・インタラクション研究における最高峰の国際学会CHI 2016(the 2016 ACM annual conference on Human Factors in Computing Systems)において、ライフデザイン学部人間環境デザイン学科 助教 瓜生大輔が筆頭著者として発表した論文 "Designing for Domestic Memorialization and Remembrance: A Field Study of Fenestra in Japan” が “Honorable Mention” 賞を受賞。

 同論文は故人を追悼するためのインタラクティブ・デジタルデバイスのデザインと、実際に数年以内に身内を亡くした経験を持つ方々によるプロトタイプの試用についてまとめたもので、デジタルメディアやコンピューターを介した死者供養という新興的な課題について具体的かつ有用な事例を創出した点が高く評価されました。

Daisuke Uriu and William Odom, “Designing for Domestic Memorialization and Remembrance: A Field Study of Fenestra in Japan,” CHI ’16: Proceedings of the 2016 ACM annual conference on Human Factors in Computing Systems (CHI2016 Papers), pp. 5945–5957, San Jose, USA, May (2016). *received “Honorable Mention” (top 5% papers in the conference).

関連リンク

国際学会CHI 2016(the 2016 ACM annual conference on Human Factors in Computing Systems)