MENU CLOSE

生活支援学科教員紹介(山本 美香)

  • English
  • 日本語

氏名山本 美香
 山本 美香
  Yamamoto Mika

自己紹介

大学時代は、社会学を学びましたが、母校の大先輩で非行少年の更生に尽くした留岡幸助の生涯について書かれた「一路白頭ニ到ル」を読んで感銘したことと、友人がボランティア活動に熱心だったことから、社会福祉に関心をもち始め、結局、この道に進んできました。現在は、2つの研究テーマに取り組んでいます。一つは、地域で孤立しがちな人々に対してどのような支援が必要かを探り、住民同士では何ができるのかを、住民と一緒に考え、実践しています。もう一つは、住宅政策の研究です。日本は、他の先進国と比較して、住宅保障を十分に行ってきたとはいえません。これからの日本にとってどのような住宅政策が求められるのかを追求していきたいと思っています。

受験生へのメッセージ

社会福祉は、身体的・精神的ケアをしたり、相談にのったりすることだけではなく、もっと広く社会全体をどのようにしていけば、よりよい社会を築くことができるのかを探る学問だと考えています。それでいて抽象的な議論に終わることなく、「では、どうすればその問題は解決するのか」まで深く考え、具体的な行動にうつすことも求められます。「自分も何かしたい」、「多くの人のためにがんばりたい」、「自分自身のためにも社会をもっとよくしたい」と考えているみなさん!この生活支援学専攻には、そんな熱い気持ちをもった皆さんを受け止め、ともに考えてくれる教員がそろっています。ぜひ、私たちの仲間になってください。

専門分野・研究テーマ

  • 地域福祉論
  • 住宅政策(特に低所得者、高齢者に対して)

主要業績

  • 「地域福祉の理論と方法」(弘文堂)責任編集 平成20年
  • 「臨床に必要な居住福祉」(弘文堂)責任編集 平成20年
  • 「高齢者の住環境」(ぎょうせい)編集代表  2009年
  • 「地域福祉の理論と方法」(みらい)共著   2009年
  • 「イギリスにおける高齢者住宅政策~エクストラ・ケア・ハウジングを中心にして」『月刊 住宅着工統計』国土交通省総合政策局 監修 2010年7月 No.304 など

研究キーワード

  • 地域福祉
  • 小地域福祉活動・住民活動
  • 住宅政策