MENU CLOSE

生活支援学科教員紹介(高山 静子)

  • English
  • 日本語

氏名高山静子の写真
 高山 静子
  Takayama Shizuko

自己紹介

子ども支援学専攻では、保育実習等保育者になるための専門科目を担当しています。
私は子育て中に保育士の資格を取り、他の職業から保育士に転職した経歴をもっています。保育所で保育士として働き、退職後、地域の子育て家庭の支援をはじめました。その後、専門学校や大学の非常勤講師を経て、大学の教員となりました。
日本中に、あたたかいハートと冷静な頭、そして確かな専門技術をもって、子どもと保護者の幸せを支援することができる、力ある保育者を輩出したいと願い、保育実践の研究と保育者の養成・研修に日々取り組んでいます。

受験生へのメッセージ

福祉とは、広い意味では「幸福」を意味します。社会福祉の専門職である保育士は、日々、子どもたちと保護者の幸せを支援することを職務とします。将来、わが子にも孫にも誇ることができる素晴らしい職業です。
また保育園・幼稚園で働く保育者は、人格の土台を培う乳幼児期の子どもの教育とケアに携わります。保育は、人を育て、社会の未来をつくる夢のある仕事です。
子どもの幸福を支援するには、保育以外にもまちづくりや行政、研究などさまざまな方法があります。大学でさまざまな体験を重ね、子ども支援を探求しながら、自分に最も合った方法を発見してほしいと思います。
何のために学ぶのか、私たちはどんな未来をつくりたいのか、自分にできることは何か、一緒に考えていきましょう。

専門分野・研究テーマ

保育学、保育教育学

主要業績

著書

  • 『子育て支援 ひだまり通信』チャイルド社,2010(単著)
  • 『事例でわかる保育所保育指針・幼稚園教育要領』第一法規出版,2009(共著)
  • 『育つ・つながる子育て支援』チャイルド社,2009(共著)
  • 『保育相談支援』ミネルヴァ書房,2011(共著)
  • 『保護者支援スキルアップ講座 保育者の専門性を生かした保護者支援』ひかりのくに,2010(共著)  他

研究キーワード

保育者の技術、保育内容の体系化、保育者の養成・研修