1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. ライフデザイン学部教員紹介
  5. 健康スポーツ学科教員紹介(鈴木 哲郎)
MENU CLOSE

健康スポーツ学科教員紹介(鈴木 哲郎)

  • English
  • 日本語

氏名鈴木 哲郎
 鈴木 哲郎
  Suzuki Tetsuro

自己紹介

小学生のときは「野球小僧」で少年野球チームに入り(守備はセンター、打順は1ないし2番)毎日野球に明け暮れていました。中学では陸上競技部に所属し100m,200m,走り幅跳びを行い、自分としては200m走が好きでした。高校時代はバスケットボール部で受験勉強も省みず3年生の3学期まで部活をしていました。浪人して大学に入り、バスケットボール部に所属しましたがボールが頭上を通過する現実を体験し170cmの身長では大学でバスケットボールの限界を感じ1ヶ月で退部をし、大学に入ったら勉強したいと思っていた運動生理学を学ぶために運動生理学研究室の戸を叩き、大学院までの6年間、毎日研究室に通い、運動生理学に関わり現在に至っています。

受験生へのメッセージ

運動生理学が専門分野ですが、運動生理学の知識を利用して「運動処方(含む運動負荷試験法)」「発育・発達・加齢論」、「リハビリテーション論」および実験手法の体験およびデータから思考することを学ぶための科目として「運動生理学実習」を担当しています。
受験生で運動生理学に興味のある方はいつでも連絡ください。メールでも直接おいでいただいても結構です。ご希望があれば簡単な実験のデモもいたします。また、入学後に運動生理学を勉強したい方は勉強会も実施しますので参加ください。

専門分野・研究テーマ

専門分野:運動生理学
研究テーマ:

  1. 組織酸素化と脱酸素化
  2. 身体運動による血清酵素の動態とそのメカニズム
  3. 至適運動量と健康

主要業績

  • 『日常生活に生かすスポーツ医学の知識運動処方』日常生活に生かす運動処方、共著、杏林書院
  • 『日中合弁会社従業員の健康度』日中合弁企業の文化意識についての調査研究、華中科技大学出版部
  • 『都会型大学におけるキャンパスアメニティ』大学教育と質保証、明石書店

研究キーワード

血清酵素、筋損傷、組織酸素化、運動処方