1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. ライフデザイン学部教員紹介
  5. 人間環境デザイン学科教員紹介(奥村 和正)
MENU CLOSE

人間環境デザイン学科教員紹介(奥村 和正)

  • English
  • 日本語

氏名奥村 和正
 奥村 和正
  Okumura Kazumasa

自己紹介

企業のデザインの現場で30年間、製品開発に従事してきました。デザインの考え方は、デザイナーに限らず様々な仕事において新しい発想をしようとする人に役に立つと確信しています。デザインは自分を表現することではありません。医師のような接し方で製品やサービスを使う多様な人々に耳を傾け、問題を解決するヒントを引き出すことが大切だと考えています。
情報化が進み、ますます複雑になってゆく生活環境の中でシンプルな人間らしさを大切にしたデザインを実現するにはどうすればよいでしょうか、ユニバーサルデザインを手掛かりに皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

受験生へのメッセージ

人間環境デザイン学科のなかで、プロダクトデザインコースを担当しています。プロダクトデザインコースという名称ですが、実際にはプロダクトデザインを中心として、インターフェースデザイン、情報デザイン、グラフィックデザインと幅広く勉強できるコースです。なぜそのように幅を広げているのでしょうか? それは、ユーザーの問題を解決するには様々な専門性を結集して総合的に考える方がより良い解決ができるからです。そしてその時、大事なのはユーザーの多様性、つまり一人一人が違っていて、求めるものも異なるということをよく理解することだ、というのが「人間環境デザイン」だと思います。総合的に考える、言うのは簡単ですが勉強しなければいけないことはそれだけ多くなります。あなたと一緒に大きな目標に向かって勉強できることを楽しみにしています。

専門分野・研究テーマ

プロダクトデザイン、インターフェースデザイン

主要業績

ソニー株式会社デザイン部門にて製品デザインおよびインターフェースデザインのマネジメントを担当。
グッドデザイン賞など受賞。(社)電子情報技術産業協会「テレビリモコンの使いやすさガイドライン」作成、2007年度同協会デザイン委員会委員長。

研究キーワード

製品のわかりやすさ、使いやすさ。

主な作品

  • パーソナルステレオ(SONY リバティCDシリーズ) (1983年10月)
  • 監視記録システム (SONY Watchsensor) (1986年9月)
  • ワークステーション(SONY NEWS NWS-830) (1986年10月)
  • 静止画テレビ電話 (SONY PCT-15) (1987年9月) 
  • 放送局用ビデオレコーダー(SONY D-2VTR BCX-031) (1990年6月)
  • 名刺サイズラジオ (SONY SRF-M901) (1990年9月)
  • ステレオラジオシステム (SONY ICF-IR7) (1990年11月)
  • 役員会議室デザイン (ソニー本社NSビル) (1991年3月)