MENU CLOSE

生活支援学科教員紹介(中原 美惠)

  • English
  • 日本語

氏名中原 美惠
 中原 美惠
  Nakahara Yoshie

自己紹介

子ども支援学専攻では、教育心理学や発達心理学、保育臨床相談、保育カウンセリングなどの心理学、カウンセリング関連科目を担当しています。心理相談実習室を使って、箱庭表現や描画・粘土表現による心理教育の演習なども行なっています。今年度の中原ゼミは、女性ばかり20名でスタートしました。賑やかで、楽しいゼミです。
子育てに苦労するお母さんたちの姿に触れる環境で育ったせいか、「お母さんが幸せでないと、子どもも幸せになれない」という思いがずっとあります。障害のある子どもを育てる難しさや辛さを訴えて涙するお母さんや家庭のことで悩むお母さんの姿を身近に見て、『お母さんを応援する仕事をしたい』と思ったのが、今の仕事に就く出発点でした。その後、心理カウンセラーとして、公立の教育相談機関、開業心理相談室、学校・幼稚園と場を変えながら、様々な相談に出会いました。その中で、真剣に生きていると人はいろいろなことにぶつかるし、それを越えてさらに成長するのだと言うことを教えてもらいました。子ども支援学専攻では、子どもやお母さんに一番近い相談相手である保育士や教師を目指す学生と共に、豊かな子育ち・子育て期を実現するための支援について研究しています。

受験生へのメッセージ

大学時代に「子ども」の心や体の育ちや育つ環境について、学校の先生や他の大学の先生方と調査し、分析する研究会に入ったことをきっかけに、ずっと子どものそばにいて、一緒に問題を解決していく教育臨床カウンセリングの仕事に携わる道が開けました。皆さんも、自分の人生の方向を決める大事な出会いをきっと大学時代に体験されることでしょう。楽しみにしていてください。
また、本学で学んだ人たちが、様々な場で真剣に社会の課題に向き合う姿を見ると、『子どもの育ちを支える人は、日本の、そして世界の未来を支える大きな力である』と改めて実感します。子どもやお母さんの思いを大切に受け止め、見守ることができる保育士・幼稚園教諭は、未来を支える応援団です。未来を支える仲間になりたいと思う人、待ってます!

専門分野・研究テーマ

  • 教育臨床心理学
  • 保育カウンセリング
  • 心理カウンセリング
  1. 学校、幼稚園、保育所などにおいて、子どもの心の発達を支援する大人たちと一緒に、問題を共有し、どのようにそれを支援していくかを検討する中で、支援のあり方を探る研究。(東日本大震災後、被災地域の先生方との共同研究もしています。)
  2. 乳幼児、児童、思春期と子どもが育っていく中で、親(特に母親)は、どのような心理的危機にぶつかるのか、またその時に必要とされる大人の成長のための支援とは何かを、保育カウンセリング、スクールカウンセリング、心理カウンセリングの実践を通して分析する研究。
  3. 10代など若くして親になった女性を対象とした調査研究を行い、子どもを育てる過程でどのような困難があるのか、子どもの育ちには特徴が見られるのか、どのような子育て支援が必要であるのか等について、日本と韓国の比較も行いながら分析する研究。

主要業績

著書

  • 子育て支援カウンセリング(図書文化社)
  • ヒューマンサービスに関わる人のための学校臨床心理学(文化書房博文社)
  • 発達と臨床の心理学(ナカニシヤ出版)

研究キーワード

心理発達支援、教育臨床相談、保育カウンセリング、子育て支援、若年親、心理カウンセリング