1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. ライフデザイン学部教員紹介
  5. 生活支援学科教員紹介(角藤 智津子)
MENU CLOSE

生活支援学科教員紹介(角藤 智津子)

  • English
  • 日本語

氏名
 角藤 智津子
  Kakuto Chiduko

自己紹介

子どもの頃から、ピアノを弾くのが大好きでした。
学生時代に、尊敬していた先生が主宰していた「子どもの音楽教室」に関わったことが、現在の幼児教育・保育の研究に繋がっています。子どもたちとうたったり、踊ったり、オペレッタのピアノ伴奏をしたりすることが、楽しくてたまらなかったのです。
大学院生の時に、大学の先輩から、幼稚園教諭・保育士養成の短期大学の教員に誘っていただき、現在の東洋大学に至るまで、何十年も音楽教員を続けています。
大学では中学と高校の音楽の教員免許しか取得していなかったので、だいぶ大人になってから、若い人たちに混じって、保育士試験を受けたのは楽しい思い出です。

受験生へのメッセージ

一般的に教員は、「音楽」「美術」「体育」「物理」「化学」「数学」「歴史」・・・というように、専門分野を持っています。しかし、幼稚園、保育所の先生は、これらすべての分野を包含した、非常に広範な知識を持っていなければなりません。
たとえば、「散歩をしながら、子どもの安全に配慮し、引率している子どもの年齢・発達を考慮し、雲や植物の名前を教え、子どもが興味を持ったものにちなんだ歌をうたい、園に戻ると散歩で見てきたものの絵を描く・・・」という時があります。
将来、子ども支援を目指す皆さんは、さまざまなことに興味を持ち、「知りたい。」と欲する気持ちを大きく膨らませて、入学していただきたいです。

専門分野・研究テーマ

 乳幼児の音楽教育

  1. 幼稚園・保育所における子どもの歌
  2. 幼保一体化施設における音楽カリキュラム

主要業績

  • 「幼稚園における『朝の歌』のはじまり」全国大学音楽教育学会研究紀要第18号 2007
  • 「子どもの歌をめぐって―あいさつの歌は今―」幼児の教育第107巻第11号 日本幼稚園協会 2008
  • 「幼保連携型『認定こども園』における音楽表現カリキュラムの検討」 子どもの健康福祉研究8号 2009

研究キーワード

  • 子ども
  • 音楽
  • 一日の流れの歌
  • 保育所
  • 幼稚園