1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. ライフデザイン学部教員紹介
  5. 人間環境デザイン学科教員紹介(池田 千登勢)
MENU CLOSE

人間環境デザイン学科教員紹介(池田 千登勢)

  • English
  • 日本語

氏名池田 千登勢
 池田 千登勢
  Ikeda Chitose

自己紹介

20年近くIT企業のデザイン部門にて、ユニバーサルデザインの普及、ユニバーサルデザイン製品の開発に携わっていました。2006年より教職に就き、プロダクトデザインコースで、ユニバーサルデザイン、ユーザーコミュニケーションを通したデザインプロセスについて担当しています。
池田ゼミでは、身近なプロダクトデザインをテーマに、実際に作り、ユーザーに使ってもらって喜んでいただけるようなものを研究・制作しています。産学協同演習も取り入れ、これまでに硝子メーカー、スポーツウェアの開発メーカーなどと共同し、学生が新商品デザイン提案をする活動をしてきました。また、ユニバーサル玩具についての研究もテーマになっています。
プライベートでは硝子工芸、フルート、登山が趣味です。硝子については毎年5月に吉祥寺で、「硝子の指輪展」を開催しています。「硝子の指輪・池田千登勢」でサイトを検索してみてください!
弱点としては、かなり重度の方向音痴で、地図が読めません。なんとかならないかな?と思い、自分の研究テーマにしています。今のところ治る気配はありませんが、わかりやすい地図のデザインについてはだいぶ分かってきたところです。

受験生へのメッセージ

ユニバーサルデザインは「誰にでも使いやすいモノや情報をデザインすること」。
そのためには、まず「自分自身」そして「多様な人を知る」ことから始まります。デザインはモノづくりですが、それを使う「人」に興味があることが大切です。誰かに喜んでもらうのが好き、自分の工夫でもっといい街や家や製品を作ってみんなに幸せになってほしい、そんな気持ちがある人こそ、デザインを学んでほしいと思います。
ぜひいっしょに、人に向きあい、使いやすくて魅力的なデザインを考えましょう。

専門分野・研究テーマ

専門分野:プロダクトデザイン、ユニバーサルデザイン
研究テーマ:空間認知能力と地図表現、色彩を用いたアートセラピー、ユニバーサルデザインマネジメント、共遊玩具、硝子工芸

主要業績

Universal Design Handbook(米)McGrow-Hill社(共著)訳書丸善
家庭ガラス工房トンボ玉 2 ガラスのジュエリー ほるぷ出版(共著)
大規模空間における地図の表現方法とわかりやすさに関する研究1,2,3(ふくしのまちづくり学会2007、2008、2009大会発表)
ユニバーサルデザインの取り組み 産学共同プロセスと作品(日本デザイン学会 デザイン学研究作品集5)
英国ロンドンビジネススクール産学共同研究「国際企業のコーポレートコミュニケーション戦略」
多摩美術大学産学共同ユニバーサルデザイン研究
バリアフリーATMの開発と触覚記号の標準化
Ud電子投票端末
UdコピーFAX複合機の開発 など。

研究キーワード

ユニバーサルデザイン、地図、空間認知、色彩、硝子工芸