MENU CLOSE

生活支援学科教員紹介(重田 史絵)

  • English
  • 日本語

氏名
 重田 史絵
  Fumie Shigeta

 

自己紹介

大学で経営学を学び、就職後は経営コンサルティングの仕事をしていましたが、病院のコンサルティングがきっかけで社会福祉の世界に飛び込み、精神障害施設職員や相談支援、障害団体の事務局の仕事を通じて障害者福祉に向き合ってきました。その後、福祉サービス第三者評価制度に施策推進担当者、評価者として携わることで、高齢、社会的養護、障害、保育等の様々な福祉分野に向き合ってきました。

社会福祉士は、幅広い福祉分野の専門知識を持っているべきだと思っています。皆さんと一緒に、様々な福祉分野の動向に敏感であり続けたいと思います。

受験生へのメッセージ

多くの人は、人生の中でいつか福祉を利用する時があるはずです。福祉は一人ひとりの人間性を尊重し、人に役立つということを学び、人の幸福について考える学問です。この学部で学ぶ皆さんは、人に興味を持ち、人が好きなのではないかなと思います。

大学の4年間で一番学びを得ることができるのは、実際に福祉を利用している人と共に時間を共有している時だと思います。皆さんには、社会人になる前の学生の特権を生かして、ぜひ探求心を持って幅広い世界を見て欲しいと思います。社会福祉の実習という場を通じて、皆さんが、さまざまな人生に出逢い、そこから学び、自分自身の人生を考えていけるよう、支えていきたいと思います。

専門分野・研究テーマ

・福祉施設のサービスの質の評価
(良いサービスを提供する福祉施設は、確かな福祉経営が成されていることが必要であり、それを評価するのが福祉サービス第三者評価です。サービスの質を高める福祉サービス第三者評価のあり方を研究しています。)

・社会生活力プログラム
(福祉施設には、具体的な何かを利用者に提供することも求められていると思います。その一つである「社会生活力プログラム」の普及に取り組んでいます。)

主要業績

  • ・『地域生活を支援する社会生活力プログラム・マニュアル -精神障害のある人のために-』 (2009,中央法規, 共著)
  • ・『DVD:見て学ぶ社会生活力プログラム-効果的に進めるためのノウハウ』(2012,中央法規,共同製作)
  • ・「知的・精神・発達障害者を対象とした地域生活を目指す生活訓練事業の現状と課題 -社会生活力を高める視点から-」(2012,日本社会福祉学会『社会福祉学』,VOL.53-2(N0.102))
  • ・「福祉サービス第三者評価による社会福祉事業所の組織統治の可能性について~評価項目の分析を中心に~」(2015,経営行動研究学会『経営行動研究年報』第24号)

研究キーワード

・福祉施設の評価 ・サービスの質評価 ・福祉経営 ・社会生活力プログラム