校章

校章の解説

画像:東洋大学附属姫路高等学校 校章本校の校章は、学祖井上円了博士の説く哲学の教えをあらわした「観想の華(哲学の華)」をかたどってあります。
仏教や哲学で教えられている「一つのことがらに心を集中して深く考察する」「真理を静かに探求する」などを意味しており、菊を中心に、梅、蘭、竹を配しています。同時に「高潔なことが君子に似る」との意味を表し、徳行の備わった四君子(カント、孔子、釈迦、ソクラテス)の生き方を象徴しており、本校教育のシンボルです。

井上円了について

画:東洋大学創立者 井上円了 博士 井上円了は幕末の安政5(1858)年、越後国長岡藩西組浦村(現在の新潟県長岡市浦)のお寺の長男として生まれ、明治14年、設立間もない東京大学文学部哲学科にただひとりの1年生として入学しました。勉学を通して「洋の東西を問わず、真理は哲学にあり」と確信します。当時のわが国は欧米文化至上主義の時代で、円了の目には西洋化に踊らされる日本を憂いていたと思われます。ここでいう哲学とは、「万物の原理を探り、その原理を定める学問」であり、それは観念的演繹的な哲学ではなく、事実と実証にもとづく哲学であるという点が強調されました。井上円了が教育で目指した哲学は、いわゆる「哲学者」の養成ではなく、思想や精神を練磨する術であり、他に応用する能力も身につけなければならないものであると説いています。

井上円了についての詳細はこちら(東洋大学のページが開きます。)