1. トップページ >
  2. 教育活動 > コース紹介 >
  3. 特進コース概要(文系・理系)

特進コース概要(文系・理系)

得意科目を伸ばし、国公立大学・難関私立大学へ

授業風景特進コースは国公立大学や難関私立大学への進学をめざすコースです。

1年次からの個別指導や進路相談、長期休暇中の補習などを実施。
得意分野を徹底的に伸ばして、ひとつ上の進路をめざせる学力を養います。

特進コースで文武両道をめざす!

従来特進コースでは、放課後に自学自習を行ってきたため、クラブ活動への参加に制約がありました。しかし「勉強もクラブ活動も頑張りたい!」という意欲的な生徒や保護者からの要望を受け、平成29年度からクラブ活動に参加する生徒については、放課後の自学自習とクラブ活動を選択できるようにしています。ただし、休業日や放課後などに特進コースの行事がある場合は、クラブ活動より行事を優先します。また、特進コースの生徒は野球部に入部することはできません。クラブ活動に参加していない生徒に関しては、従来通り放課後は自学自習を行います。 

弓道部 陸上部

特進コースの在校生によるコース説明(映像)

在校生インタビュー

在校生インタビュー

幼稚園教諭をめざし、国公立大学で幼児教育を専攻したいと考えています。自学自習や補習を含め勉強時間が多い特進コースで学んでいると、自分の学力が向上するのを日々実感できます。私は弓道部に所属しており、放課後は練習のため勉強時間があまりとれません。その代わり朝は7時半に登校し、自学自習をしています。好きな科目は担任の先生が教えてくださる英語で、外部検定試検にも積極的にチャレンジしています。

1年次から個別の進路指導を実施

1年次から、進路を見すえた学習指導や、一人ひとりの個性に合わせた勉強方法、進路相談をきめ細かく行います。また、わからない部分や苦手分野の克服をしっかりとサポートするため、放課後や長期休暇中には補習授業を行っています。

得意分野を徹底的に伸ばし学力を向上

2年次からは、「文系クラス」と、「理系クラス」に分かれます。それぞれの適性に応じた学力を伸ばすことにより、国公立大学、難関私立大学に現役合格する学力を育みます。

学習と部活動を両立させた充実した高校生活

平成29年度入学生から放課後の時間を自学学習だけでなくクラブ活動に充てることができるようになりました。コースの行事を最優先としながら、学習の時間は集中的に取り組み、クラブ活動にも力を注ぐことが可能です。

豊富な授業時間と補習の充実

週38時間の授業時間を確保。さらに、1年次より長期休暇中の補習を全員必修としています。国語・数学・英語の問題演習とその解説を中心に化学・物理を加え、午前中は50分間4コマの補習を行います。午後は80分間2コマの補習と部活動の選択ができるようになっています。

  1. 週に4回の7時間授業(水6時間、土4時間)
  2. 豊富な補習授業。放課後は自学自習と部活動の選択。(自学自習は基本的に18時30分まで。希望により19時30分までの延長可)
  3. 充実した早朝学習(8時00分から。希望により7時30分から)
  4. 多彩な課外学習(各種施設見学、大学見学、学習合宿)

スーパー特進コース同様の充実した学習環境

特進コースでは、少人数制、個別の進路指導や長期休暇中の補習授業の実施など、スーパー特進コースとほぼ同様の学習、指導体制を用意しています。
2・3年進級時のコース分けテストで、スーパー特進コースへの移動も可能です。

社会で必要とされる人間力を育てる

総合的な学習の時間などを利用して、社会で必要とされる人となるための基本的な力を養う
「キャリア・フロンティア」に取り組みます。また、課題研究、体験活動などを豊富に行い、
チャレンジ精神と豊かな人間性も育みます。

スーパー特進・特進コース全国偏差推移表

次の進研模試成績(全国偏差値)の推移グラフは、成績が特に成績変化向上したスーパー特進と特進コースの生徒のものです。生徒の頑張りと、本校の様々なサポート体制が生み出した飛躍的な上昇です。

キャリア・フロンティア

キャリアフロンティア

「キャリア・フロンティア」とは、本校独自のアクティブラーニングの要素を取り入れたプログラムです。”文章を書く”という作業を中心にすえ、「ものごとの本質に向かって、深く考える力」を養い、発表・討論などを通じて「コミュニケーション力」を磨きます。また、課題研究などを通じて問題や課題の「発見力」や「課題解決能力」の育成を図ります。

岡山大学見学

1年次に国公立大学の見学を行います。H29年度は岡山大学を見学しました。岡山大学学問の府である大学を訪問することで、大学での主体的な学びを体験します。研究室訪問や施設見学、模擬授業を受ける中で、将来の自らの姿を、大学生や院生の中に見つけ、質問することで、興味関心をさらに高め、具体的に実現する方法を学びます。

JICA訪問

1年次の夏季休業中に「JICA関西」を訪問します。日本と途上国との繋がりを調べ、どのような行動ができるのかを学んでいきます。世界にはさまざま問題があり、その中でも、開発途上国には紛争、環境、保健医療、食糧、教育、経済、インフラなどの問題があります。その中で、これらの課題は、決して途上国だけの問題ではなく、私たちの毎日の暮らしと非常にかかわりの深いことを知り、今後、国際社会が団結して取り組む持続可能な目標(SDGs)に向けて、できることから行動する姿勢を身に付けます。
海外青年協力隊の一員として、発展途上国に対する支援活動を行われた職員の方から、途上国での活動体験を聞いたり、料理を食べる中で、ボランティア精神やフェアトレードなどを学んでいます。

 料理 民族衣装

時間割

時間割例 (2年次 特進理系)

 
1時限理科国語国語英語保健総合学習
2時限数学理科理科英語英語総合学習
3時限理科英語国語体育理科数学
4時限英語理科地歴数学数学理科
5時限LHR体育数学理科数学 
6時限数学情報理科国語英語
7時限国語地歴 数学数学
放課後自学自学 自学自学

※ 土曜日の総合学習は「キャリア・フロンティア」プログラムを実施

時間割例 (2年次 特進文系)

 
1時限公民国語国語英語保健総合学習
2時限理科英語国語英語英語総合学習
3時限数学/英語英語数学体育地歴数学
4時限英語国語地歴理科英語地歴
5時限LHR体育理科地歴国語 
6時限国語情報数学/英語国語英語
7時限数学数学 国語公民
放課後自学自学 自学自学

※ 土曜日の総合学習は「キャリア・フロンティア」プログラムを実施

進路状況

大学等進学状況(平成30年度)  一部抜粋

島根県立大学、広島市立大学、北九州市立大学

東洋大学、甲南大学、龍谷大学、京都産業大学、京都外大学、大阪経大、大阪工大、大阪電気通信大、神戸学院大、武庫川女子大、神戸女学院大、神戸女子大など

Q&A

  • Q 特進コースは、スーパー特進コースとどこが違うのですか。

  • A 特進コースもスーパー特進コースと同じカリキュラムの授業をしており、毎日の自主学習時間も同じです。ただし、スーパー特進コースが難関国公立大学をめざすのに対して、特進コースは国公立大学や難関私立大学への進学をめざしており、3年間でじっくり実力を養成するコースです。キャリア・フロンティアも、一部スーパー特進コースとは違った体験をし、補習も独自のものを実施して得意科目を伸ばすなど、生徒それぞれの個性をより重視した学習活動を展開しています。また、平成29年度入学生からは、クラブ活動に参加しやすい体制となりました。クラブ活動での仲間や、高い目標を持ったクラスメートと過ごすことで、よい意味でのライバル関係が生まれるなど、お互いを伸ばしていく環境が整っていることは言うまでもありません。

コース紹介詳細はこちら

スーパー特進コース 特進コース 総合進学コース 体育コース

学校紹介関連リンク

一人ひとりに最適な学習を提供する4コース グローバル人材を育成する国際交流 進路進学実績 東洋大学と連携した指導 クラブ活動主な実績