概要

 本校は125年を超える歴史をもつ東洋大学の附属高校として、昭和38(1963)年4月に開校しました。
 卒業生は約23,000人、在校生は約1,200人で、毎日勉学にスポーツに励んでいます。

 平成元(1989)年度から男女共学となり、活気にあふれ、諸設備や進学の面でも充実発展してきました。昭和52(1977)年夏には野球部が全国優勝するなど、本校の名は日本全国に知られています。
 平成16(2004)年度にはオーストラリアの高校と姉妹校提携し、国際理解教育の充実に努めています。
 平成23(2011)年度から学校改革を行い、スーパー特進コースの開設を行い、難関国公立大学を目指すクラスがスタートしました。その他にも、特進コースの少数精鋭化、総合進学コースの習熟度別クラス編成、習熟度別授業やコースの細分化などを行い、スポーツとともに、学力向上を図っています。
 施設面では、平成25(2013)年7月に創立50周年記念校舎が完成し、最高の教育環境が整っています。また、400名を収容できる50周年記念ホールが平成26(2014)年に完成しました。

 生徒たちは日常の学校生活において、勉強をはじめ部活動や特別活動など文武両道において、明るく意欲的に取り組んでいます。

校地、校舎の面積

本校

  • 所在地:兵庫県姫路市書写1699番地
  • 校地面積:50,158m²(内 運動場 17,042m² 借地1,479㎡)
  • 校舎面積:建築面積 9,312.63m² 延床面積 21,491.14m²

野球場

  • 所在地:兵庫県姫路市打越1341番地
  • 校地面積:57,940.79m²
  • 学校用地 24,973m²(内 グラウンド面積 13,650m²)
  • その他の用地 32,967.79m²
  • 建物面積:建築面積 129.53m² 延床面積 197.18m²

合計

  • 校地面積:108,098.79m²(内 学校用地 73,652m² 借地1,479㎡ その他の用地32,967.79㎡)
  • 校舎面積:建築面積 9,442.16m² 延床面積 21,688.32m²