1. トップページ >
  2. 在校生からのメッセージ

在校生からのメッセージ

学ぶことが楽しくなる学習環境

所属コース名:スーパー特進コース「理系」

 スーパー特進コースの授業は、とても質が高いと実感しています。単に知識を教えてくれるのではなく、自分で考え、どうしたらいいかを考えさせてくれるのが特徴だと思います。自分で考えると、「どうしたら効率よく学べるのか」を工夫するようになります。その結果、自然と学び方も覚え、知識が身についていくのだと思います。勉強はもちろん大変ですが、苦しいとは思いません。最近は、いろいろなことを知れて楽しいと感じるようになってきました。その点が、スーパー特進コースで得たいちばんの収穫だと思います。

大学の先を見据えた進路を開拓 

所属コース名:特進コース「文系」

 入学当初は授業についていけるか心配でしたが、先生が勉強の仕方から丁寧に指導してくれ、また、自学自習の時間に苦手な分野の復習もできるので、いまでは勉強に対する不安はなくなりなした。入学直後に書写登山などのイベントがあるので、友達はつくりやすいですね。みんな明るい人たちばかりで、男女分け隔てなくすぐに仲良くなれました。
 私は大学で商学や経済学を学びたいと考えているので、進学に向けて力を注いでいます。公認会計士の資格を取るのが目標です。クラスの雰囲気も良く、目標に向かってみんなで切磋琢磨できるので、勉強にも張り合いをもって臨めます。

部活との両立ができる丁寧で親身な指導 

所属コース名:総合進学コース「理系」

 サッカー部に所属しています。東洋大姫路の部活はレベルが高いので練習は大変ですが、先生が一人ひとりの事情を考慮した学習指導をしてくれるので、勉強との両立もできています。高校の授業は、先生が話すことや書くことに、必死について行くというイメージだったので、こんなに親身にわかりやすく教えてくれることにはとてもびっくりしていますし、ありがたいです。東洋大姫路の先生方の授業は、とてもわかりやすいです。だから勉強が苦にならないし、学ぶことがおもしろいと思えます。私の将来の目標は理数系の教師になることです。理科や数学は学んでいてもおもしろいと感じているので、いつかはそれを教える側になりたいと思っています。

 私は生徒会に所属し会長を務めています。生徒会では、体育祭や文化祭などの企画・運営や、清掃活動・募金活動などに精力的に取り組んでいます。また、応援指導部にも所属し、野球部とともに甲子園をめざしてがんばっています。やらなければならないことは多くありますが、その分、「充実した時間を過ごせている」と胸を張って断言できます。高校生活を「楽しむ」には、「楽をする」のではなく、何事にも前向きに取り組み、充実した時間を送ることが大切です。そのための環境が、ここ東洋大姫路にはあると思います。

写真部として活動した充実の日々が
将来の進路につながりました。

所属コース名:総合進学コース「文系」

 写真を始めたのは高校に入ってからです。東洋大姫路の写真部は県下ナンバー1の実績があり、私も兵庫県高等学校総合文化祭で特選を受賞し、全国コンクールにも出場しました。素人だった自分がここまで成長できたのは、先生の指導のおかげだと感じています。また、写真部のメンバーはみんな仲がよく、お互い写真を見せ合ったり、休みの日には一緒にロケに行ったりと、日々の生活もとても楽しいです。この経験を活かし、卒業後は日本大学芸術学部の写真学科に進学したいと思っています。 

キャプテンとしてチームをまとめ
甲子園の切符を勝ち取ります!

所属コース名:体育コース

 野球部のキャプテンを務めています。試合中だけでなく、日々の練習からチームの状態を見極め、みんなを引っ張っていかなければならないため大変ですが、その分、やりがいがありますし、子どもの頃から憧れていたチームのキャプテンをできることは、とても光栄に感じています。昨年は地区大会の決勝でサヨナラ負けを喫し、非常に悔しい思いをしました。今年はその悔しさを晴らし、絶対に甲子園に出場したいです。そのためには、技術だけでなくチームワークが重要だと思うので、キャプテンとして、夏の大会までにさらにみんなをまとめていければと考えています。