1. トップページ >
  2. 教育活動 > コース紹介 >
  3. キャリア・フロンティア

キャリア・フロンティア

キャリア・フロンティア

 

『物事の本質に向かって、深く考える』力をつける教育プログラム、それが「キャリア・フロンティア」です。

「諸学の基礎は哲学にあり」という東洋大学の建学の理念に基づき、スーパー特進コース1期生の取り組みを通して開発されました。平成24年度からは特進コースにも導入し、新たな教育の核となっています。

『深く考える力』は、生徒たちの卒業後の人生をつくっていく基盤となります。課題をみつけて解決していくにも、グローバル社会で人間関係を築いていくにも、『深く考える力』が不可欠であり、生きる力となるからです。

「キャリア・フロンティア」では、まず“書く”という作業を通してこの力を培います。そのプログラムは以下のような骨子からなります。

1.書く作業を通して、聴く力・自分で考える力・データをまとめる力・まとめたデータから何かを見つけ出す力・自分の考えを人に伝える力を培います。

2.与えられた課題を単に消化するのではなく、自らなすべき課題を見つけ、整理し計画を立てて実行する力=段取り力を培います。

3.人生や社会、自然について述べた様々な書物に親しみ、自他の存在や未来について考察し、発表や討論を通してコミュニケーション能力を育みます。

スーパー特進コース、特進コースでは、具体的な取り組みを通して、「キャリア・フロンティア」をより深化させ、「豊かな人間力」を育むことで、真の学力向上をめざします。本校では「キャリアフロンティア」を通じて育成される「情報編集力」・「情報発信力」こそが,難関国公立大学合格に必要なリテラシーであると考えています。