1. トップページ >
  2. 教育活動 > コース紹介 >
  3. 具体的な取り組み(2)

具体的な取り組み(2)

キャリア・フロンティア
具体的な取り組み

自学自習の習慣をつける新入生学習合宿

スーパー特進コースと特進コースの全生徒を対象として、入学後すぐの4月に2泊3日の学習合宿を実施しました。国語・英語・数学の各教科の授業だけでなく、予習・復習の時間をしっかり確保することで、「どうやって勉強したらいいか」を理解させるとともに、家庭で予習・復習を行う習慣を身につけさせます。
学校での授業や補習だけでは、生徒の個性や得意・不得意に合わせた効率的な指導は困難ですが、学習合宿では教員も生徒と一緒に泊まり込んで、一人ひとりの学習のしかたや勉強との向き合い方を把握するので、その後の指導をより効果的に行うことができます。
また、入学直後にこうした経験をしておくことで、その後の高校3年間の学びを一層有意義なものとすることが可能です。

  
学習合宿の様子

学社連携授業

地域の企業や団体と連携した多彩な課外授業で、教室の中だけでは得難い「発展的に考える力」や「創造する力」を養います。2013年度は兵庫県立歴史博物館・姫路市美術館を見学。地域の歴史や文化への理解を深める貴重な機会となりました。

歴史博物館見学の様子 歴史博物館見学の様子
兵庫県立歴史博物館・姫路市立美術館見学課題作文

平成25年度の第1学年スーパー特進コースの生徒を対象として、週に1回、課題作文の実施を予定しています。書く作業や教員からの指導を通して、情報収集力、思考力、情報整理力、発見力、コミュニケーション力を培います。なかでも入学直後に実施する「10年後の私」というテーマの作文は、自身の内面に対する気づきを与え、意識を高める有意義な機会となります。
※課題作文は、スーパー特進コースのみで実施予定です。

平成25年度高校1年スーパー特進作文課題予定一覧(一部抜粋)

10年後の私
中学校時代の生活について
高校生活について
人はなぜ学ぶのか
日本における英語の公用語化について
GW学習合宿を振り返って
私の選ぶ偉人
考査を振り返って
計画の重要性と立案
夏休みの目標と課題
芸術のもたらす影響
夏休みを振り返って
自分は文系か、理系か
哲学の与える影響
言語(言葉)とは何か
クリスマスと販売戦略・CM分析
日本の正月
税について考えること
自然災害の被害を極小化するために
新入生へのアドバイス
日本の外交