キャリア教育

キャリア教育の推進に向けて - 進路指導からキャリア教育へ -

キャリア教育

キャリア教育とは

  1. 望ましい職業観・勤労観及び職業に関する知識や技能を身に付けさせるとともに、自己の個性を理解し、主体的に進路を選択する能力・態度を育てる教育。
  2. 生徒一人一人のキャリア発達を支援し、それぞれにふさわしいキャリアを形成していくために必要な意欲・態度や能力を育てる教育。

本校のキャリア教育の目標

  1. 本校教育の特色として位置付け、本校が中学生、地域の人たちに「行きたい学校」「行かせたい学校」になることを目指す。
  2. キャリア教育を通して集団や個人への支援・援助的関わりが増えることによって、教師と生徒との信頼関係を強固にする。
  3. 生徒に夢や希望を育て、3年間の意義を認識させる。
  4. 学習への動機付けと意欲の向上を図る。
  5. 生徒の自己理解と進路への関心を図り、自分の進路の探索に取り組ませる。
  6. 生徒の勤労観・職業観を育成し、仕事の意義の理解と社会の一員としての役割を自覚させる。
  7. 生徒に将来の目標を持たせ、目標に応じた具体的な行動に取り組ませる。

具体的な施策

1. 組織・施設設備

  1. キャリア教育推進委員会の設置
  2. 施設設備の充実(進路資料室、進路相談室)

2. 進路学習

  1. 年間キャリア教育プログラムの作成
  2. LHR、土曜日特別授業を活用して、クラス単位、学年単位で進路学習を実施する。
  3. 特色クラスの異学年交流(授業、座談会、共通テストなど)
  4. 夏休み進路課題(読書、進路研究、体験学習など)

3. 進路説明会・講演会

  1. 新2、3年生のクラス・科目選択と進路について(生徒対象、保護者対象)
  2. 業者斡旋の進路説明会(生徒対象 各学年)
  3. 講演会・講義・懇談会(生徒対象)
  4. 希望者対象の各種進路ガイダンス(生徒対象 進学、就職)
  5. 育友会主催の進路研修会、育友会総会(記念講演会)
  6. 進路説明会(保護者対象 各学年で年1回)

4. 東洋大学との高大連携

  1. 学部、学科説明会(全学年)
  2. 入試説明会(3年生、保護者)
  3. 附属推薦合格後の入学前教育
  4. 講演、講義、授業の実施
  5. 大学見学(オープンキャンパス)、育友会主催キャンパス見学
  6. 卒業生の追跡調査、体験談(後輩へのアドバイス)
  7. 甫水会(東洋大学学生の保護者の会)アンケートの実施
  8. キャリア形成支援センターとの連携

5. 進路ニュース「Career」の発行

主な内容
年間指導計画概要、各種情報、先輩の声や保護者の願い、生徒の進路実態と進路意識、校内外の進路情報と利用案内、各種試験結果分析

6. 学力向上及び各種学力テスト・検定等

  1. 本校独自の「学習の指針」作成
  2. 授業の充実(基礎基本の徹底定着)
  3. 補習・補講・3S(スクール・ステイ・スタディ)の実施
  4. 家庭学習支援(課題、個人指導、学習計画)
  5. 指導と評価
  6. 校内実力考査
  7. 全員参加の校外模試(進研模試 各学年2回)
  8. 特進及び希望者の校外模試(進研模試、全統模試)
  9. 英語検定、漢字検定、数学検定、PC検定

7. 体験学習・インターンシップ

  1. 就労体験(ボランティア活動、長期休業中のアルバイトも含む)
  2. キャンパス見学、報告書
  3. 模擬面接の実施(3年間計画的に、進学、就職共)
  4. 求人票の見方、企業研究・インターネット検索、志望動機
  5. 就業証明書、報告書、体験レポート

8. 進路資料作成

  1. 本校独自の「進路の手引」作成
  2. 進路希望調査、生活実態調査などの分析・課題など
  3. 各種校内外のテストの分析・課題など

9. キャリア・カウンセリング

  1. 学級担任による個別面談、保護者面談、三者面談(定期、随時)
  2. 教科担任による学習相談
  3. 進路指導部による学習・進路相談(随時)
  4. 教育相談部によるキャリア・カウンセリング(随時)

学年別キャリア教育プログラム

1年生
2年生
3年生