1. トップページ >
  2. 学校生活 > 年間行事 >
  3. 新入生と上級生が「対面式」をしました

新入生と上級生が「対面式」をしました

2016年4月11日(月)

新入生が2・3年生と初めて一堂に会し、挨拶を交わしました。まず新入生代表が初々しく入学した決意を述べ、それを受けて、生徒会副会長があたたかい歓迎の言葉を返しました。最後に学校長が出会いの意味を語って、まとめました。

 対面式 全体像

新入生代表の挨拶

 受験を乗り越えて東洋大学附属姫路高等学校の一員になれた喜びとともに、ここで学んでいく決意を示し、未熟な自分たちを指導してほしいという思いを先輩たちに述べました。

新入生代表者の挨拶 新入生代表者の挨拶

先輩の挨拶

伝統ある本校に輝かしい一歩を踏み出したことを祝した上で、ともに学び、ともに成長していこうとエールを送りました。

先輩の挨拶 先輩の挨拶

校長の激励

出会いをどうするかが今後の生き方につながることを、織田信長に仕えた豊臣秀吉と明智光秀の違いを例に出して話し、相手の短所ばかり見ずに、長所を認め相手を認めることを訴えました。

校長