1. トップページ >
  2. 東洋大学との連携 > 連携について >
  3. 高大連携遠隔授業の実施

高大連携遠隔授業の実施

2015年9月7日から9月18日

 附属高校という利点を活かして、本部である東洋大学と附属姫路高等学校をテレビ回線で結んだ2年生対象の高大連携遠隔授業が行われました。
 東洋大学の教授陣による授業を受け、早くから学部・学科研究を計画的に行うことができるようにし、生徒一人ひとりが納得できる進路を目指せることを目的としています。
 東洋大学各学部の先生の授業をリアルタイム(先生からの発問⇒生徒の回答・生徒の質問⇒先生の解説)で受講し各コースに対応したテーマ(詳細は下記のとおり)で1クラス50分の授業を実施しました。

遠隔授業の様子  授業の様子授業風景  

番号教員名学部名テーマサブテーマ
(1)安則 貴香 経営学部近代オリンピックの歴史その歩みから社会問題を読み解く
(2)迦部留チャールズ

文学部

ビリー・ホリデーとアメリカにおける人種差別恐怖の装置としてのリンチ(殺害行為)の歴史
(3)島西 智輝経済学部近代日本と国際金融システム浜口内閣はなぜ金輸出を解禁したのか?
(4)

寺田 信幸

理工学部これからの医療・福祉を支えるロボット技術
(5)寺田 信幸理工学部

高齢化社会におけるヘルスケアシステム

(6)杉山 晶子経営学部私たちの消費生活とお金歴史にみる貨幣発行と現代生活における銀行
(7)島川 崇国際地域学部航空会社の福祉的対応日本ならではの福祉の発展を見てみよう
(8)高野 龍昭ライフデザイン学部高齢者の介護の基礎知識「脱水」と「転倒」を防ぐために
(9)尾崎 由佳社会学部記憶のしくみ憶えること・忘れることの心理学
(10)林 大介社会学部グローバル化・多様性に不可欠な〈社会福祉〉の視点身近な”社会福祉”を通して考える、これからの”社会福祉”のあり方

 

    東洋大学のHPはこちら