1. トップページ >
  2. 学校生活 > 年間行事 >
  3. 1学期始業式・着任式を行いました

1学期始業式・着任式を行いました

2018年4月9日(月)

 

 本校第1体育館において平成30年度1学期始業式・着任式を行いました。

着任式

    

 始業式に先立ち、新たに着任した先生の紹介がありました。新着任教員の代表者が本校三訓示の一つ「礼を正す」を例にあげ、心構えを作りつつ、可能性を伸ばそうと挨拶。本校に勤めることになった喜びと決意を語りました。

始業式

 
 続く始業式は、校歌斉唱の後、学校長式辞を行いました。男女を通じて単独最多となる、W杯55勝のギネス認定を受けたスキージャンプ高梨沙羅選手の話を例に挙げ、「自分の可能性を信じるからこそ、前を向ける」こと。「自分の中で限界を決めないで高みを目指す」ことの大切さを話し、「新入生にとって良い先輩であれ」「一年間の成長を願う」と述べました。そうして、地に足をつけ、限界を決めずに頑張る必要性を強調しました。その後、3年→2年→1年の順番で学年団の紹介がありました。

  
 始業式の後、生徒指導部長による講話を行いました。東洋大学附属姫路高等学校生として、五心(素直・反省・謙虚・奉仕・感謝)を持って欲しい。それが自立した人間へと成長させると述べ、各種決まりを守ること、SNSによるトラブルの多さをあげ、使い方を注意し、愛校心をもち誇りの持てる行動を取ることを訴えました。